鵜の目鷹の目

もう何年も前のことだけれども,僕は四国の松山で開催された学会に参加した。せっかくの四国ということで,僕は仲間とともに,大洲市の鵜飼を見に行くことにした。大洲市の肱川(ひじかわ)で行われる鵜飼は日本3大鵜飼として有名なのだ。

持ち込みOKの鵜飼見物船に酒と食べ物をたっぷりと買い込んで乗船したのは夕刻である。船頭さんの機知に富んだガイドでのんびりと川の景色を眺めているうちに,夜の帷が川面を覆い,僕たちも良い具合に酩酊状態になっていた。

やがて,遠くに鵜飼の篝火が見えてくる。順番を待 って僕たちの船はようやく鵜飼の現場にたどり着いた。目の前の船の舳先で藁の腰蓑を纏って鵜たちを操る鵜匠は堂々としていてかっこいい。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 暗室のアクシデント 納谷ラボ代表 納谷昌之(なや まさゆき) 2021年09月07日
    • やっぱり百聞は一見に如かず 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年07月07日
    • 白の効能 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年06月22日
    • トンネルの向こう 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年05月12日
    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日