脳のヘルスメーターが読み解く新たなビッグデータ ─「脳トレ」は光と共に新たなステージへ─

◆星野 剛史(ホシノ タケシ)
㈱NeU クリエーション・ワークユニット シニアマネージャー

平成3年4月 ㈱日立製作所 デザイン本部
平成24年4月 日立アプライアンス㈱ 商品戦略本部
平成30年4月 ㈱NeU 現在に至る

我々は日頃,「脳」について意識することは少ない。しかし,脳漿の海に浮かぶその柔らかな臓器は我々の行動を規定し,思索や感情の源泉となる,人間が人間たる根幹をなす確かな存在である。

だが,無数の神経細胞が入り組み,激しく発火し,休むことなく信号を送り続ける巨大な電気回路はさながら宇宙であり,簡単に触れられない領域でもあった。

その脳の核心に,科学は徐々にだが迫りつつある。中でも大脳皮質と呼ばれる脳の表面部分については,それぞれの部位が持つ役割が明らかになると共に,その活動レベルが,脳の状態を知るパラメーターとなることがわかってきた。

それを簡便に計測することで実生活に役立てようとするベンチャーが注目されている。㈱NeUでは近赤外光を用いた小型・軽量な脳活動計を開発し,得られたデータで新たなビッグデータビジネスを目論む。今回,その技術とプランについて,同社エンジニアの星野剛史氏に話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日
    • 光の層が生み出す新たな世界 ─ 蛍光によるプリミティブな表示デバイスの可能性 cog 石川 将也 2021年05月26日
    • 太陽光を「蓄える」夢の物質に挑む ─クラファンが支える新たな研究スキーム 愛媛大学 内藤 俊雄 2021年03月19日
    • LIDARが探り当てた「ミッシングリング」─現代の考古学を支える光学技術 茨城大学 青山 和夫 2021年02月24日
    • 陰陽師の名を継ぐ最先端の望遠鏡 ─東アジア最大の主鏡が捉える宇宙とは 京都大学 長田 哲也 2021年02月19日
    • フォトニック結晶レーザーが産業界に革新をもたらす! 京都大学 野田 進 2021年02月15日
    • レーザーアブレーションが宇宙ごみを動かす! ─スカパーJSATや理研らが挑むレーザー衛星とは スカパーJSAT(株) 福島 忠徳、(国研)理化学研究所 津野 克彦 2021年01月25日
    • コロナウイルスへの工学的対抗策とは? ─感染症の予防につながる製品開発に向けて 大阪府立大学 秋吉 優史 2021年01月22日