次世代灯台への採用が射程に入ったCOB光源─海上保安試験研究センターで進む開発

◆品野 馨(シナノ カオル)
海上保安庁 総務部 海上保安試験研究センター 航行援助技術課長

2昭和55年4月 海上保安庁入庁
主な勤務経歴等
第一管区海上保安本部計画運用課/第三管区海上保安本部光波標識課,計画運用課/第四管区海上保安本部計画運用課/海上保安庁電波標識課,整備課,海上保安試験研究センター
航路標識技術移転としてインドネシア短期専門家派遣,日本最大の浮体式灯標設置による本部長表彰ほか

前回のインタビューでは灯台の歴史とそこに寄与してきた光技術について聞いたが,灯台のLED化を進める中でCOB(Chip On Board)が,有力な候補として注目されていることをお伝えした。

その試作機を見せてもらうため,早速,研究開発が行なわれている海上保安試験研究センターを訪れ,施設を見学させて頂くと共に,灯台のLED化の進捗を中心に航行援助技術課長の品野氏に話を伺った。

今回,非常に興味深かったのが,灯台の光源をLED化する中で,灯器を回転させる新たな機構も並行して研究が進んでいることだ。光源の世界では水銀を排する動きがLEDへの代替を推し進めているが,灯台では少し異なる事情があるというのだ。

「あって当たり前,無くなれば困る存在であり続ける」という灯台。これからも光技術と歩み続けるであろう,その開発現場の一端をご覧頂きたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • レーザー核融合技術をクリーンエネルギーや脱炭素化の手段にする! ㈱EX-Fusion 松尾 一輝 2022年06月07日
    • Opticaが目指すものとは? ─学会も変化が求められる時代へ Optica 会長 河田 聡 2022年05月20日
    • SDGsに貢献する光技術となるか? ─太陽光励起レーザーの現状とその可能性 東京工科大学 大久保 友雅 2022年04月08日
    • CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ
      CLEO-PR2022:9年ぶり日本で開催へ 千葉大学 尾松孝茂 2022年02月17日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第三回「人工光合成研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 佐山 和弘 2021年12月22日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第二回「多接合太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 菅谷 武芳 2021年11月05日
    • 産総研ゼロエミッション 国際共同研究センター(GZR)と光技術
      第一回「有機系太陽電池研究チーム」
      (国研)産業技術総合研究所 村上 拓郎 2021年10月06日
    • 「サーモカメラコンソーシアム」が設立 ─ 信頼される装置であり続けるために サーモカメラコンソーシアム 末松 卓 2021年07月07日