収差5—非点収差と像面湾曲—

4.3.4 像面の収差

光の特徴の一つは2次元的な結像処理,即ち複数点を同時に処理できる能力である。球面収差とコマ収差は望遠鏡や顕微鏡のように観察対象を画面の中心に持ってきて観察するタイプの,画角の小さい結像を重視する装置で重要である。これに対し画角の大きいカメラレンズの歴史は軸外の結像性能との戦いであった。軸外収差としてコマ収差も問題となるが,像面については別な議論をしなければならない。

像面特性の描き方は第4.2.4項で説明した。種々のレンズの非点収差カーブを示したのが図421)d線とg線での特性が重ねて示してある。実線で描かれたsagittal(S)像面はどれも球面収差のフルコレクションのような形状をしている。点線のmeridional(M)像面はS像面よりけられが大きいため挙動が複雑で,Sと同じようだったり,逆方向に反っていたりと色々な形状をしている。

図42 各種写真レンズの像面特性
図42 各種写真レンズの像面特性

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 収差4—コマ収差— ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2024年01月10日
    • 収差3—球面収差— ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2023年12月12日
    • 収差2—波面収差— ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2023年10月26日
    • 収差1 ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2023年09月25日
    • 像形成の物理光学5 —パターンとの相関— ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2023年08月23日
    • 像形成の物理光学4 —パーシャリーコヒーレント結像とMTF— ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2023年07月24日
    • 像形成の物理光学3 —コヒーレント結像— ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2023年06月28日
    • 像形成の物理光学2 —Fraunhofer回折— ASリソグラフィコンサルティング 鈴木章義 2023年05月26日