バウムクーヘン

図1 一般的なバウムクーヘン(左)とシャコティスまたはセンカチュ(右)
図1 一般的なバウムクーヘン(左)とシャコティスまたはセンカチュ(右)

3月4日は「バウムクーヘンの日」だそうです。お菓子のユーハイム社が2010年に制定しているそうですが,今回は“今日は何の日”的な話題でいきましょう。

バウムクーヘンはドイツ語で意味する通り,Baum(木)の年輪の形をしたKuchen(菓子)です。その原形は,紀元前のギリシアで木の棒にパン生地を巻いて直火で焼いていた“オベリアス”が云々とも言われますが,これが直接現在のバウムクーヘンに繋がった訳ではありません。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日
    • 宇宙での特許 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年05月12日
    • 漆の技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年04月05日
    • 印章と電子署名 熟成考房舎 鴫原正義 2021年03月17日