関孝和とその世界

図 1992年発行の関孝和切手(1642年生まれとした生誕350周年記念切手)
図 1992年発行の関孝和切手(1642年生まれとした生誕350周年記念切手)

上野の国立科学博物館(地球館)に「科学と技術の歩み」を展示したコーナーがあります。そこには「読み,書き,そろばんが普及していた江戸時代,好奇心にあふれた庶民によって文化と技術が支えられていた」,「多彩な文化・技術が花開いた江戸時代…,一方で,人々は遊びや珍しいものを好み,その結果“わび,さび”のような概念や“いき,いなせ”といった独自の美意識も生まれた」などとの解説があります。

成る程!江戸時代の文化・技術は「好奇心」から…。そして,コーナーの最初が関孝和(1642?〜1708)でした。今回は好奇心の塊とも思える関孝和の世界を覗いて見ました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • オペラ 熟成考房舎 鴫原 正義 2022年01月05日
    • ウーバライゼーション 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年12月13日
    • スポーツと先端技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年11月05日
    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日