ジョージ・ウェスチングハウスとブレーキ

鴫原正義

patent_74_03

ジョージ・ウェスチングハウス(1846〜1914)と言えば,ウェスチングハウス社を創業した電気技術者で,電力事業ではトーマス・エジソン(1847〜1931)の最大のライバルだったとのイメージが先行しますが,実は鉄道用ブレーキの発明から事業を興しているのです。今回はそんなウェスチングハウスの初期の発明を中心に追ってみました。

ウェスチングハウスは1846年にニューヨーク州北部の街スケネクタディで,機械ショップ経営者の息子として生まれています。幼い頃から興味と行動力は人一倍ありました。南北戦争(1861〜1865)が勃発した15歳の時に地元の国家警備隊に志願しますが父親に呼び戻され,2年後には親を説得して騎兵隊に入隊するのです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • チャールズ・グッドイヤー 鴫原 正義 2024年05月07日
    • 特許取得ランキング 鴫原 正義 2024年04月09日
    • 臥雲辰致という人 鴫原 正義 2024年03月12日
    • 地熱発電 鴫原 正義 2024年02月12日
    • 箏と八橋検校 鴫原 正義 2024年01月15日
    • クリスマスカード 鴫原 正義 2023年12月07日
    • セルフレジ(セルフチェックアウトシステム) 鴫原 正義 2023年11月06日
    • サイコロの功績 鴫原 正義 2023年10月05日