これも運命 -屈折率の波長分散-

月谷昌之介

小学校低学年の頃,僕が誕生日のプレゼントに顕微鏡をねだったら父が意外にもあっさりと受け入れてくれた。もしかしたら父にとって僕が科学に目覚めていくことがうれしかったのかもしれない。

1

その顕微鏡で僕が最初に観察したものは自分の頭から抜いた一本の髪の毛だった。おまけで付いてきたスライドグラスにそれを載せ,カバーグラスを被せて,僕は意気揚々と顕微鏡を覗き込んだ。

焦点を合わせていくと見えてきたのは赤,緑,青,紫などの虹のような色で縁取られた髪の毛の影だった。そのときの驚きは今でも忘れられない。なにせ肉眼で見れば黒一色にしか見えない髪の毛の両脇が実は色鮮やかな模様で彩られていることを発見したのだから。

その後,様々なものを片端から観察したのだと思うが,覚えているのは何を見ても境界の部分に虹色の模様が見えていたことだけだ。さすがに子供だった僕でさえも,この色模様はサンプルのものではなく顕微鏡の性能によるものではないかと疑念をもったのであった。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 明らかになるということ 納谷 昌之(なや まさゆき) 2021年04月05日
    • トイレに咲いた赤い薔薇 月谷昌之介 2021年03月17日
    • 雪女の謎 月谷昌之介 2021年02月03日
    • テニスボールって何色? 月谷昌之介 2021年01月01日
    • どこでもマスク 月谷昌之介 2020年12月01日
    • としまえん 月谷昌之介 2020年11月09日
    • 雷様になりたい 月谷昌之介 2020年10月02日
    • 水底の線香花火 月谷昌之介 2020年09月01日