2023年シリコンウエハー市場,出荷面積・販売は縮小

米SEMIは2月7日(米国時間),2023年(歴年)のシリコンウエハーの出荷面積が前年比14.3%減の126億200万平方インチ,販売額が前年比10.9%減の123億ドルとなったことを発表した(ニュースリリース)。

過去3年間の連続成長から急転した市場の縮小は,最終需要の鈍化が広範囲な在庫調整と重なったことに起因する。

メモリ分野とロジック分野の需要軟化が300mmウエハーの受注減につながり,一方でファウンドリとアナログのウエハー消費量の減少によって200mmウエハーの出荷面積が減少したという。

300mmのポリッシュドウエハーとエピタキシャルウエハーの出荷面積は,2023年にそれぞれ13%と5%の減少となった。全ウエハーサイズの総出荷面積は,2023年下半期に上半期から9%減少したとしている。

その他関連ニュース

  • 2035年,車載電装システム市場は95兆8,888億円 2024年02月20日
  • 世界半導体製造産業,2024年の回復に向け準備整う 2024年02月19日
  • 2030年,ポリマー光導波路市場は150億円 2024年02月15日
  • 2030年自動車用アンビエントライト市場,1,719億円 2024年02月08日
  • 2023年,立体ディスプレー市場は11億7,600万円の見込 2024年01月30日
  • 2029年,半導体実装関連部品市場は15兆8,542億円 2024年01月30日
  • 2023年,CNT世界出荷量は10,000tを超える見込 2024年01月24日
  • 2024年,世界半導体生産能力は月産3,000万枚へ 2024年01月10日