リコーら、ペロブスカイト太陽電池の実証実験を開始

リコーとリコージャパンは,馬込第三小学校および厚木市役所本庁舎において,ペロブスカイト太陽電池の実証実験を開始する(ニュースリリース)。

ペロブスカイト太陽電池は,有機材料で作られているため軽量で,照度の低いエリアや垂直設置でも発電が可能という特長があり,既存のシリコン系太陽電池に代わる発電技術として注目を集めている。

一方で,屋外での耐久性にはまだ課題があり,この実証実験では,因幡電機製作所,竹中製作所,立花電子ソリューションズ,大阪エヌデーエスと連携し,屋外設置の庭園灯の電力としてペロブスカイト太陽電池を設置し,発電量や電池の耐久性を検証する。

また,馬込第三小学校では,子供たちの次世代太陽電池・エネルギーの関心が高まるような取り組みになるよう,課外授業も含めた取り組みも進めていく。厚木市役所では,本庁舎前における実証を通して市民に先進的な取り組みを紹介するとともに,道路や公園での活用に向けたデータの計測等の実証を行なう。

リコーは,複合機の開発で培った有機感光体の技術を応用し,低照度の室内光でも発電する固体型色素増感太陽電池を世界で初めて販売している。また,2023年からはセブン-イレブン店舗において次世代太陽電池の実証実験を国内で初めて行なっている。今回の実証実験を通じて,ペロブスカイト太陽電池の早期事業化を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 旭化成ら,深紫外LEDで車両の空気殺菌する実証開始 2024年02月27日
  • 京大,スズペロブスカイト電子輸送用フラーレン開発 2024年02月22日
  • NIMS,長期耐久性のペロブスカイト太陽電池を開発 2024年02月05日
  • 三菱ら,赤外線センサーによる害虫検知共同実験開始 2024年01月16日
  • 岡山大ら,ペロブスカイト太陽電池を長寿/高性能化 2023年12月27日
  • 名大,蒸着可能なフラーレン誘導体で高耐久PSC作製 2023年12月22日
  • KDDIら,曲がる太陽電池を活用した基地局を検証
    KDDIら,曲がる太陽電池を活用した基地局を検証 2023年12月12日
  • 阪大,低毒な太陽電池材料の短時間探索装置を開発 2023年10月27日