理研ら,蛍光タンパク質StayGoldの性能向上

理化学研究所(理研)と京都大学アイセムス(高等研究院 物質-細胞統合システム拠点)は,蛍光タンパク質StayGoldを改良し,生細胞における分子や生体膜の動態を,蛍光の褪色の心配なく観察する技術を確立した(ニュースリリース)。

研究グループが2022年に発表したStayGoldは褪色しにくい(光安定性が高い)という利点があるが,二量体を形成するため,分子や膜を標識する際に人工構造物の生成をもたらす危険性がある。

今回,研究グループは,StayGoldの結晶構造を決定し,その情報を基に単量体変異体mStayGoldを開発した。また,StayGoldの直列連結体tdStayGoldの分散性を高めた改良版を開発した。

これらを利用することで,ゴルジ体膜やミトコンドリア内膜,アクチン線維や微小管などの細胞骨格,細胞分裂の際に見られる染色体凝縮タンパク質などの高精細,高速,長時間の観察に成功した。

研究グループはこの成果について,バイオイメージングの広範囲において褪色問題の解消をもたらし,蛍光観察の時空間の幅の飛躍的な拡張と,定量性を求める創薬開発研究に貢献することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 医科歯科大,光遺伝学で成熟破骨細胞を分化誘導 2024年02月13日
  • ExCELLSら,CDKを可視化するバイオセンサーを開発 2024年01月23日
  • 理研,タフな蛍光性自己修復材料の開発に成功 2024年01月23日
  • 千葉大,ブラックライトで光るコチョウランを開発 2024年01月19日
  • 名大ら,引張り力で体中の蛍光色が変わるマウス作出 2024年01月15日
  • 東大ら,蛍光プローブの新規設計法を開発 2023年12月21日
  • 理研,高効率な蛍光タンパク質導入法の開発 2023年12月12日
  • 京大,高分子鎖の伸長と結晶化を蛍光イメージング 2023年12月07日