2026年AGV/AMR世界出荷金額,9,087億円に拡大

矢野経済研究所は,AGV/AMR世界市場を調査し,主要国の関連政策や導入支援制度,参入企業動向,将来展望を明らかにした(ニュースリリース)。

それによると,2021年のAGV/AMR世界市場規模はメーカー出荷金額ベースで3,387億円,2022年は前年比118.6%の4,017億円と推計した。

2020年の新型コロナウイルス感染拡大による行動制限で,外出を控えて家に滞在する時間が増え,消費者の購入パターンもオフラインからオンラインに急激に移行し,世界各国でEC市場が拡大した。

物流業界ではEC市場拡大に伴う物量増加や人手不足の対策として,物流自動化などを通じた倉庫内業務の効率化需要が高まり,AGV/AMRの導入拡大へと繋がったという。

また,世界の製造業が集まる中国や欧州,人手不足が深刻な米州(主に米国)などでは,世界的な半導体や電子部品の不足が製造業の生産に大きな影響を及ぼしたが,生産正常化を進めるなかで製造業各社では自動化に対する認識が高まり,AGV/AMRの導入によって物流搬送に対する自動化率を高めて,人件費の削減や作業効率化の向上を目指す企業が増えた。

さらに,カーボンニュートラルやESGに対する投資が重要視され,フォークリフトも内燃機関式よりも電動式を採用する方向に進むなど産業現場の電動化がトレンドとなり,同時に物流自動化も進展しているという。

今回の調査で注目したAGV/AMR世界市場を需要分野別にみると,製造業向けが約8割,物流向けが2割近くを占めている。製造業においては,主に資金力のある大手や中堅企業,自動車及び関連業界,エレクトロニクス業界を中心に導入が進んでいる。

一方,世界各国でEC市場が拡大したことで,物流向けにおいてはEC業界やアパレル業界,食品業界等の物流倉庫で導入が拡大している。なお,製造業では安全面などからAMRよりもAGV,標準品よりもカスタマイズした製品の導入が多い。

一方,物流向けでは倉庫内のパレットや棚の配置などが変わるなど,作業環境が変化することから,フレキシブルに活用可能なAMRが好まれるケースが増えている。その他,建設などのインフラ産業,空港や港湾における貨物コンテナの搬送,機械式駐車場などで活用されるケースも増えているという。

2023年のAGV/AMR世界市場規模は前年比128.1%の5,146億円になる見込みであるという。半導体や電子部品の供給不足は解消しつつあり,正常化する見込みでAGV/AMRの生産への影響も減少する見通しだとする。

北米や欧州,中国などでは,EV(電気自動車)及び二次電池・半導体等関連部品の生産が拡大しており,AGV/AMRの導入が期待されるとしている。

また,日本や中国,韓国などの国々では,AGV/AMRの生産や導入に対する支援が行なわれており,市場拡大の追い風になるものと見られる。なお,世界各国のEC市場も拡大基調の見通しで,物流向けの需要拡大も期待されるとしている。

世界の主要国では,人手不足や人件費の上昇,若者が過酷な労働環境や過重労働を避ける傾向が強まっており,単純な繰り返し作業や重量物のハンドリングなどに対する自動化のニーズが高まりつつある。こうしたことを背景に,2026年のAGV/AMR世界市場規模は9,087億円まで成長するものと予測している。

その他関連ニュース

  • 2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円
    2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円 2024年06月10日
  • 2024年の偏光板世界生産量,5億9,580万m2まで拡大 2024年06月07日
  • 2024年世界半導体製造装置販売額,前年同期比2%減 2024年06月06日
  • 2023年,産業用3Dプリンタ世界出荷台数は30,000台 2024年05月29日
  • 2040年新型・次世代太陽電池市場,2兆4,000億円 2024年05月29日
  • 2024年,ミニ/マイクロLEDディスプレーは1837万台 2024年05月22日
  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日