Q2/2023,Siウエハー出荷面積は前年同期比割れ

米SEMIは7月25日(米国時間),2023年第2四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が前期比2.0%増の33億3,100万平方インチとなり,前年同期の37億400万平方インチからは10.1%減となったことを発表した(ニュースリリース)。

半導体業界は,様々な市場セグメントで過剰在庫の処理を続けており,ファブの稼働率を抑えざるを得なくなっている。その結果,シリコンウエハーの出荷は2022年のピークから減少している。

第2四半期のウエハー出荷面積は前四半期比では安定した推移を示しているが,全ウエハーサイズの中で300mmについてはプラス成長となったとしている。

四半期 2022年
第1四半期
2022年
第2四半期
2022年
第3四半期
2022年
第4四半期
2023年
第1四半期
2023年
第2四半期
出荷面積 3,679 3,704 3,741 3,589 3,265 3,331

(出典:SEMI 2023年7月)
*単位:百万平方インチ
*半導体用のシリコン以外を含まず

その他関連ニュース

  • ファブ生産能力,2024年に6%・2025年に7%の拡大 2024年06月20日
  • 2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円
    2024年ADAS/自動運転センサ市場,1兆6,051億円 2024年06月10日
  • 2024年の偏光板世界生産量,5億9,580万m2まで拡大 2024年06月07日
  • 2024年世界半導体製造装置販売額,前年同期比2%減 2024年06月06日
  • 2023年,産業用3Dプリンタ世界出荷台数は30,000台 2024年05月29日
  • 2040年新型・次世代太陽電池市場,2兆4,000億円 2024年05月29日
  • 2024年,ミニ/マイクロLEDディスプレーは1837万台 2024年05月22日
  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日