Coherent,UVパルスレーザーを発表

米Coherentは,コンシューマー・グッズ(消費財),産業用電子機器,家電製品,およびパッケージングの高コントラストマーキングアプリケーション用途向けに,次世代の超低コストな「MATRIX ナノ秒パルスUVレーザ」の導入を発表した(ニュースリリース)。

消費者向けの機器やパッケージングにおける環境に優しい非接触レーザーマーキングの採用が増えており,永久的で損傷のないマーキングを実現するコスト効率の高いUVレーザーの需要が高まっているという。

この製品は,既存のソリューションのエントリー価格の半額で優れたマーキング品質を提供するLD励起固体レーザー。主要な光学部品を同社内で調達し,アジア地区における同社の大規模な製造およびサービス拠点を活用することにより,低コストを実現しているとする。

また,この製品は,5W及び10Wの平均出力,50-300kHzの繰返周波数で動作可能。15,000時間以上のメンテナンスフリー動作を実現し信頼性の高い大量生産が可能となるという。

さらに,UV(355nm)発振にて,最大200μJのパルスエネルギーを実現しており,現場で実証済みのUVテクノロジーを採用しているため,最も要求の厳しいアプリケーションにて利用できるとしている。

その他関連ニュース

  • 島津,青色半導体レーザー光源で世界最高6kWを達成 2024年05月22日
  • 【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示
    【OPIE】金門光波,He-Cdレーザー装置を展示 2024年04月26日
  • エドモンド,レーザー遮光ウインドウを発売 2024年04月17日
  • ウシオ電機,シール・ラベル印刷向けUV-LEDを発売 2024年04月02日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • ウシオ電機,連結するキューブ型UV-LED照射器発売 2024年01月17日
  • 理科大,光誘起電流の緩和時間を電気的に制御 2023年12月21日
  • 理研,シングルサイクルレーザー光をTW級に増幅 2023年12月20日