慶大寺川教授,2023年度SPIEフェローに選出

慶應義塾大学理工学部 教授の寺川光洋氏が,国際フォトニクス学会SPIEの2023年度フェローに選出された(ニュースリリース)。

SPIE (The International Society for Optics & Photonics)は1955年に設立された光学とフォトニクスの分野における世界最大の学会。SPIEフェロープログラムでは,当該分野の研究と教育において顕著な実績と貢献を残した会員にSPIEフェローの称号が贈られる。2023年度は会員の中から83名が新たに選ばれた。

今回,寺川氏の「ソフトマテリアルのレーザー加工等,光学研究分野における顕著な業績ならびに同分野への貢献」が高く評価され,SPIEフェローに選出された。

その他関連ニュース

  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • 第16回レーザー学会産業賞が決定 2024年04月02日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日
  • セブンシックス,パルスレーザーで発明功労賞を受賞 2024年03月13日
  • 三菱電機,半導体レーザーで大河内記念生産賞を受賞 2024年03月01日
  • Optica,伊賀健一氏にアイヴス・クイン賞を授与 2024年02月26日
  • NINS,集積レーザーのハイティラをベンチャー認定 2024年02月26日