慶大寺川教授,2023年度SPIEフェローに選出

慶應義塾大学理工学部 教授の寺川光洋氏が,国際フォトニクス学会SPIEの2023年度フェローに選出された(ニュースリリース)。

SPIE (The International Society for Optics & Photonics)は1955年に設立された光学とフォトニクスの分野における世界最大の学会。SPIEフェロープログラムでは,当該分野の研究と教育において顕著な実績と貢献を残した会員にSPIEフェローの称号が贈られる。2023年度は会員の中から83名が新たに選ばれた。

今回,寺川氏の「ソフトマテリアルのレーザー加工等,光学研究分野における顕著な業績ならびに同分野への貢献」が高く評価され,SPIEフェローに選出された。

その他関連ニュース

  • 日本国際賞,光技術で東北大中沢氏ら4氏が選出 2023年01月25日
  • 第38回櫻井健二郎氏記念賞,九大安達氏が受賞 2023年01月11日
  • 島津と東北大,高速度ビデオカメラで井上春成賞受賞 2022年11月01日
  • クラリベイト引用栄誉賞,物理はNIMS研究者が受賞 2022年09月26日
  • ブイテク子会社ら,センサーで丹羽高柳賞を受賞 2022年06月21日
  • コニカミノルタ,MI/PIによる蛍光粒子開発で受賞 2022年06月14日
  • 古河電工,通信光源で電子情報通信学会業績賞受賞 2022年06月14日
  • 東ソーら,有機EL用電子輸送材料で「井上春成賞」 2022年06月13日