SSSとNEC,物流業界向けエッジAIセンシング実験

ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)と日本電気(NEC)は,倉庫における荷物の入出荷などオペレーションの効率化をめざし,AIカメラなどのエッジデバイスを活用した物流業界向けエッジAIセンシングソリューションの実証実験を2022年12月から開始した(ニュースリリース)。

商取引の急速なEC化に伴って荷物の取扱量が爆発的に増加する中,物流業界における人手・処理能力の不足が重大な社会課題となっている。

これに対し両社は,倉庫の空き棚スペースをエッジAIにより可視化し,荷物の入出荷に関するデータを掛け合わせることで,作業時間の短縮に繋がる最適な入庫スペースを作業員にリコメンドするソリューションを開発している。

このソリューションは,AIカメラを活用したソリューション構築を支援するSSSのエッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS」と,NECの空き棚スペースを可視化するアプリケーションを組み合わせることで,システム開発の効率化とAI再学習を実現し,倉庫環境に合わせて検知精度を持続できるサービス運用をめざす。

具体的には,SSSがAI処理機能を有するインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」を提供。このセンサーを搭載したAIカメラが,専用の再学習可能なAIモデルにより棚や荷物を検知する。

「IMX500」は,小型なチップで撮像からAI検知までを実施。物理的な制約が伴う倉庫で,レイアウトへの影響を最小限に抑えながら,柔軟なAIカメラの設置が可能だとする。検知結果は,荷物に関する意味情報(メタデータ)として後段のシステムに送信。画像のまま送信する場合と比較し、取り扱うデータ量を最小限に抑え,システムの運用コストを削減する。

NECは,画像情報を元に空き棚スペースを可視化し,ピッキング時の作業時間を短縮するための最適な空き棚スペースをリコメンドするアプリケーションを提供する。

実証実験は,日通NECロジスティクスの協力のもと,このソリューションによる倉庫の生産性向上効果を実証する目的で,日通NECロジスティクス成田倉庫において2023年3月まで実施するとしている。

その他関連ニュース

  • 九大ら,世界のラボを結んで有機レーザー材料を発見
    九大ら,世界のラボを結んで有機レーザー材料を発見 2024年05月17日
  • 東大ら,高精細・高感度なX線イメージセンサを作製 2024年05月13日
  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • NVIDIA,計算機リソグラフィを生成AIで大幅高速化 2024年03月21日
  • 東京インスツルメンツ,染色体分析システムを発売
    東京インスツルメンツ,染色体分析システムを発売 2024年03月05日
  • 東北大,AI画像診断の医学的な妥当性に疑義 2024年02月28日
  • ams OSRAM,AR/VR向け小型イメージセンサー発売 2024年02月08日
  • SCREEN,基板向けAI検査計測ソリューションを設立 2024年01月29日