【光フェア】アプトス,害鳥忌避レーザーを展示

光技術展示会「光とレーザーの科学技術フェア2022」(11月9日(水)~11日(金),東京都立産業貿易センター浜松町館)において,アプトス(可視光・次世代レーザー応用ゾーン ブースNo4V-06)は,「DG害鳥忌避レーザー装置」を紹介している。

農業や養殖業において鳥による食害は,場合によっては最大損失が5割に達するなど深刻な状況にあるという。今回展示している「DG害鳥忌避レーザー装置」は,太陽電池を使ってスタンドアローンで動作し,レーザーによって鳥を追い払うというもの。

支柱の最上部に取り付けられたレーザーの出射装置が回転し,4本の緑色レーザー(波長505nm~520nm)を装置を中心として円錐状に照射,地上に4本の円を描くように動作する。鳥はこの色の光を忌避する性質があり,またレーザー光に慣れることもないので効果が持続するという。

有効照射距離は日照強度により30~50m,夜間は100m。直径60~80mの画を描くように設定されているが,推奨使用距離は半径30~40mだという。同社ではこの装置により,鳥害対策費用を年間約16万円節約し,総損失が約4割減るとしている。

また,内視鏡照明用途を想定した白色レーザーモジュールも展示しており,こちらは用途に応じたカスタムにも対応するという。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,100Jのパルスレーザーの10Hz発振に成功 2023年01月12日
  • ウシオ,最広温度範囲の405nm/175mW LD発売 2023年01月11日
  • 名大ら,核融合技術を応用しランダムレーザーを開発 2023年01月11日
  • 山形大ら,耐水性/伸縮性ペロブスカイト材料を創出 2022年12月07日
  • DNP,レーザーパターンライトの試験販売を開始 2022年11月25日
  • 旭化成と名大,UV-C LDの室温動作発振を実現 2022年11月25日
  • 【光フェア】カンタム,防止型LED除菌装置を展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】東ソー,GaNなど各種ターゲット材を紹介 2022年11月11日