キヤノン,半導体製造装置工場を計画

キヤノンは,半導体製造装置などを生産する宇都宮事業所に新工場を建設することを決定し,2025年上期からの操業を計画していると発表した(ニュースリリース)。

同社グループは,2021年からの新5カ年経営計画「グローバル優良企業グループ構想」フェーズVIにおいて,「生産性向上と新事業創出によるポートフォリオの転換を促進する」を基本方針に掲げ,主要戦略の一つである半導体製造装置事業の拡大に努めている。

半導体市場は,IoTや5Gなど「社会のスマート化」が牽引し,成長を続けている。同社では,製品・営業・サポート各分野の強化に取り組んでおり,半導体露光装置のシェアも拡大しているとする。今後,中長期的に見込まれる需要の増加に応えるため,宇都宮事業所内に新工場を建設し,生産能力を強化するとしている。

予定する新工場の概要は以下の通り。
敷地面積:約70,000m2
投資額 :約380億円(建設費)
着工予定:2023年下期
稼働予定:2025年上期
事業内容:半導体製造装置の開発・生産・サービス

その他関連ニュース

  • 富士フイルム,韓国にカラーフィルター材料工場新設 2022年12月20日
  • ギガフォトン,新生産棟の上棟式を実施 2022年12月13日
  • DNP,第8世代向けメタルマスク生産ラインを新設 2022年11月11日
  • NEC,光海底ケーブル敷設船をチャーター 2022年10月17日
  • オンセミ,チェコのSiC製造設備を拡張 2022年09月29日
  • 富士フイルム,CMPスラリー生産設備を熊本に新設 2022年09月08日
  • NSG,マレーシアに太陽電池向けガラス工場を新設 2022年08月08日
  • 浜ホトの電子管光源子会社,新棟が完成 2022年08月04日