モレックス,診断用ウェアラブル機器について調査

米モレックスは,患者,医療従事者,および消費者自身が健康状態の監視や分析を行なうことのできる診断用ウェアラブル機器の開発に影響する市場の牽引役を分析するために,世界の設計エンジニアリングの関係者を対象とした調査を実施し,その結果を発表した(ニュースリリース)。

同社はDimensional Researchの協力の下,電子部品販売代理店のAvnetと2022年8月,「診断用ウェアラブル機器:医療用監視機器の未来」と題した調査を実施し,世界各地で診断用ウェラブル機器の設計エンジニアリングに関わっている603名から回答を得た。

この調査では,ウェアラブル機器の採用のペースと,様々な立場の人々からウェアラブル機器の必要性を訴える声が高まることの影響を理解し,また,ウェアラブル機器の実現を妨げている課題や妥協点を評価するために,様々な質問を用意した。

回答からは,スポーツおよびフィットネス,ウェルネス,医療用監視といったアプリケーションでの一般消費者による利用への高い期待がうかがわれた。また,健康,フィットネス,医療監視用のウェアラブル機器の接続性,小型化,高性能化のさらなる前進を後押しするためには,法規制,技術,および採用面でクリアしなければならない障壁もある,という回答も見られた。

調査によると,診断用ウェアラブル機器の用途拡大を唱える人々の数は増えているが,その内訳は多い順に,患者および消費者(61%),医師その他医療従事者(47%),在宅看護者 (44%)となっている。保険業者や,一部の医師やその他の医療従事者,医療技術者達は,現状まだ使用者の範囲を広げることに躊躇あるいは反対しているという。

これに対し,今回の設計エンジニアの回答からは,次の5年以内には,血糖値管理(61%),姿勢センサーと矯正(59%),呼気による疾病検知(51%),妊婦の健康観察(50%),感染症の監視(49%)といった用途のデバイスを,消費者が直接入手するようになるだろうという強い期待感が伝わってきたとする。

今後5年以内に販売が見込まれている新たな医療用ウェアラブル機器の例としては,糖尿病患者の血糖値記録,睡眠モニター,歩行分析,モバイルCTスキャン,遺伝子異常,視力の衰えを観察する機器などがある。

未来に対する楽観論とは逆に,ほぼすべての回答者が,使いやすさに対する消費者の期待(42%),シンプルなユーザーインターフェースと充実したユーザーマニュアル(41%),在宅医療環境が一定ではないことに起因する設計の難しさ(40%),当局からの認定取得手続きの複雑さ(34%)といった設計段階における課題も挙げている。

設計プロセスを進めにくくしているその他の領域は,コスト(38%),耐久性(37%),電源(35%),極小型化(33%),データ収集(30%),および接続性(30%)等。実際に回答者の75%が,接続機能に制約があることが,現行ウェアラブル機器の健康状態の追跡と分析に必要なデータの収集機能に影響していると指摘しているという。

今回の調査で挙げられた,より小さなウェアラブル機器を設計する上での制約要因の上位5つは,センサー要素部品の小型化(40%),ハードウェア(たとえばコネクター)の小型化 (39%),電源管理(32%),信号品質(29%),および熱管理(22%)だった。

原材料に関するイノベーションについての上位3つには,生体適合性,新素材に関する公開済みの機能および信頼性関連データ,および実際の使用環境における「装着テスト」シミュレーションが挙げられている。

ウェアラブル機器の動力源としては,患者の身体(体温,汗,心拍,動作,等)を使った環境発電が実現する可能性については,相当な確信がうかがえたという。また,環境発電分野の進展を推し進めるには時間とイノベーションが必要であることは認めた上で,動作(49%),体温(35%),汗(13%)が最も有力な電源であると回答した。

また,この調査の回答者のうち63%が,診断用ウェアラブル機器のイノベーションを最大限に推し進めるには,業界,政府,学術団体との間の強力な協働関係が求められると指摘している。異なる集団間の協働が最も必要と回答した割合は,中国からの回答者が約75%で最大となっており,英国(52%)フランス(57%),ドイツ(59%),アメリカ(61%)の各国の回答者の割合はほぼ等しかった。

同社は診断用ウェラブル機器市場において,この市場の景色を一変するような画期的製品を送り込もうと,医療機器メーカーと技術系の革新的企業が揃って力を入れるという,興味深い動きが起きているとみている。

同社ではこういった新たな機器に要求される条件は,これから新しく生まれてくる各アプリケーションに大きく左右されるため,設計エンジニアは,すべてのステークホルダーのニーズと,デバイスの設計コンセプトから商品化と販売規模の拡大までの製品ライフサイクル全般において,彼らのニーズがいかに影響するのかを理解する必要があるとしている。

その他関連ニュース

  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • 2026年通信機器の国内市場,3兆3,292億円に 2022年11月17日
  • 公大ら,歩行運動からの発電が90倍の振動素子を開発 2022年11月04日
  • ソーラー水素世界市場,2050年には95億円に拡大 2022年10月25日
  • 2022年スリープテック市場,前年比133.3%の60億円 2022年10月25日
  • 阪大,皮膚に安定して密着する生体ドライ電極を開発 2022年10月19日
  • 2030年のレーザー照明世界市場,8,755億円に 2022年10月18日
  • eBeam,EUVがフォトマスクの売上に寄与すると予測 2022年10月18日