古河電工,ブルー+IRレーザーのヘアピン溶接デモ

Blue+IRハイブリッドレーザー(手前)と加工機(奥)

古河電気工業は,青色半導体レーザーとファイバーレーザー(IR)を組み合わせた高出力ハイブリッドレーザー「BRACE X」によるモーターの銅材ヘアピン溶接のデモ展示を,東京ビッグサイトで開催された国際ウェルディングショー2022(7月13日~16日)で行なった。

同ハイブリッドレーザーは2021年に発表したもので,青色レーザーの出力が1kW,ファイバーレーザーの出力が3kWとなっており,これらの光源を一つの筐体にまとめた発振器となっている。ファイバーコア径は青色レーザーが300μm,IRレーザーが50μmとなっている。オール国産のレーザーとしてアピールしており,青色半導体レーザーは日亜化学工業製を採用している。

このハイブリッドレーザーでは,青色レーザーを母材の予熱に用い,実際の加工をファイバーレーザーで行なう。これより,銅材の溶融深化と高速加工を実現する。今回,出展したのはハイブリッドレーザーと日特エンジニアリングと共同開発した加工機で,このシステムで高速・高品質なモーターのレーザー溶接のデモンストレーションを展開した。

加工はモーターの溶接部を画像認識によって検出し,レーザー溶接後に再度画像解析によって品質を確認するというもの。同社ではこのハイブリッドレーザーによるサンプル加工も受け付けている。

その他関連ニュース

  • イスラエルCivan,日本法人を設立 2022年08月31日
  • レーザーライン,3kW青色半導体レーザーを発表 2022年07月19日
  • パナソニックコネクト,青色DDL加工機を初公開
    パナソニックコネクト,青色DDL加工機を初公開 2022年07月19日
  • キヤノン,ガルバノスキャナー3機種を発売 2022年01月18日
  • パナ,青色レーザー加工機の実証センターを設置 2021年11月26日
  • 古河電工,1kW青色DDL搭載ハイブリッド発振器 2021年11月24日
  • アマダ,小型3kWファイバーレーザー加工機発売 2021年10月26日
  • 三菱,CFRP用レーザー加工機を発売 2021年10月20日