東ソーら,有機EL用電子輸送材料で「井上春成賞」

東ソーは,同社と相模中央化学研究所所長の相原秀典氏が,科学技術振興機構より「第47回(令和4年度)井上春成賞」において「有機EL用電子輸送材料の開発」の受賞発表を受けたと発表した(ニュースリリース)。

井上春成賞は,大学等や研究機関などの独創的な研究成果をもとにして企業が開発し企業化した,我が国の優れた技術について研究者及び企業に対して贈られる賞。

有機ELディスプレーは,1997年に世界に先駆けて量産に成功した「日本発」のデバイス。高画質,薄型,フレキシブル性に特長があり,現在,様々な製品に使われている。しかし当初は,液晶ディスプレーに比べて消費電力が大きいという技術課題があり,普及できない時期があった。

有機デバイスの課題は,無機デバイスに比べ電気が流れにくい(電荷移動度が遅い)こと。特に高い電子輸送能力を備えた有機材料がないことが,有機ELディスプレーの消費電力が下がらない原因だった。

そのため,様々なアクセプター性骨格をもつ電子輸送材料が提案されていたが,同社らは「トリアジン骨格」に着目し,高い電子移動度をもつ電子輸送材料を開発した。現在は,スマートフォンを始め様々な用途に採用されているという。

相模中央化学研究所は,従来困難であった「トリアジン中間体の非対称合成法」を確立し材料開発の幅を広げた。一方,東ソーは有機EL用電子輸送材料の量産法を確立し,製品化を実現したとしている。

その他関連ニュース

  • ブイテク子会社ら,センサーで丹羽高柳賞を受賞 2022年06月21日
  • コニカミノルタ,MI/PIによる蛍光粒子開発で受賞 2022年06月14日
  • 古河電工,通信光源で電子情報通信学会業績賞受賞 2022年06月14日
  • 発明協会,令和4年度全国発明表彰の受賞者を発表 2022年06月07日
  • PRIMESの金属3Dプリンタ用モニタ,AKLで受賞 2022年05月18日
  • 日東電工,科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞 2022年04月26日
  • シャープ,光触媒で「2022年iFデザイン賞」受賞 2022年04月18日
  • 第14回レーザー学会産業賞が決定 2022年04月05日