理研ら,色褪せない蛍光タンパク質を創出

理化学研究所(理研),東北大学,北里大学,花王は,明るく極めて褪色しにくい蛍光タンパク質「StayGold」を開発し,生細胞で細胞小器官の微細構造の動態を速く長く解析する定量的観察法を確立した。また,StayGoldとVHH抗体の融合タンパク質を作製し,固定感染細胞における新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の詳細な分布を明らかにした(ニュースリリース)。

蛍光タンパク質は,励起のための光を増強させると褪色し,そのシグナルが減弱・消滅するという欠点がある。蛍光タンパク質の褪色のせいでバイオイメージングの性能の幅が制限される状況にあり,褪色しにくい(光安定性が高い)実用的な蛍光タンパク質を開発することが重要課題として掲げられてきた。

今回研究グループは,「タマクラゲ」の遺伝子発現解析データをもとに,野生型タマクラゲの緑色蛍光タンパク質を遺伝子クローニングし,明るく極めて褪色しにくい変異体StayGoldを創出した。光安定性を絶対的褪色定量法により定量評価したところ,StayGoldは既存の蛍光タンパク質と比べて10~100倍優れていることが分かった。

そこで小胞体,ミトコンドリア,微小管などの細胞小器官をStayGoldで蛍光標識し,従来の蛍光タンパク質では褪色のために解析できなかった動的構造変化を明らかにした。また,StayGoldを抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質VHH抗体に連結することで,感染細胞内でウイルス粒子が成熟する経路を捉えることに成功した。

定量性を目指すさまざまな蛍光イメージングにおいて,色素の褪色は常に障害となる。経時的な観察やzスキャンを伴う体積イメージングでは,サンプルに繰り返し光を照射することが必須なため,多かれ少なかれ褪色問題が発生する。

創薬研究などでレポーター遺伝子アッセイが盛んに行なわれているが,このアッセイ用の蛍光タンパク質は二量体であってもそのまま単独で発現させることができる。よってStayGoldは,薬効評価など定量性を重視する分野で,直ちに活用されると期待できるとする。

研究グループはStayGoldをめぐる共同研究の枠組みをさらに拡げ,細胞外小胞エキソソームや染色体構造タンパク質などの動態解析を開始しているという。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,高速応答蛍光タンパク質温度センサー開発 2022年08月04日
  • 愛媛大ら,トウガラシの蛍光強度と日射の関係解明 2022年08月01日
  • 同志社大,cAMP細胞を可視化する蛍光プローブ開発 2022年07月14日
  • 順天堂大,高精度光線-電子相関顕微鏡法高感度化 2022年07月12日
  • 理研ら,ヒストンH3メチル化蛍光プローブを開発 2022年06月21日
  • 東北大,インフルRNAと結合する蛍光プローブ開発 2022年05月24日
  • 名大ら,脂肪酸の代謝産物を3色で染め分け 2022年05月12日
  • 東薬ら,“その場”イムノアッセイ法を開発 2022年04月28日