2025年エレクトロニクス先端材料市場,6兆億超円に

富士キメラ総研は,5G通信やIoT,ADAS・自動運転システムを中心に需要が高まっているエレクトロニクス先端材料の市場を調査し,その結果を「2022年 エレクトロニクス先端材料の現状と将来展望」にまとめた(ニュースリリース)。

それによると,2021年はスマートフォンやノートPC,HV・EVなどの市場が好調だったほか,各製品の高機能化ニーズが高まっていることなどから,大幅に需要は増加するという。今後は,5G通信への対応やIoTの普及,自動運転技術の進展などから,センサーや半導体での需要増加により高付加価値材料が伸びるため,半導体や実装,センサー分野は好調を予想する。

ディスプレー分野は,テレビの大型化による需要の底上げが期待できるほか,4K8KテレビやOLEDテレビなどの普及により,高機能化を実現する材料が伸びるとみている。

分野別市場動向では,半導体分野がノートPCやサーバー,データセンター向けの好調により拡大しているという。半導体の高機能化を背景に先端材料の使用量の増加や高価格品の需要増加が期待され,今後も市場は拡大を予想する。実装分野は,6G通信やHV・EVの普及を背景に需要が増加しており,特に5G通信向けの低誘電材料関連で大きく伸びるとみている。

ディスプレー分野は,画面サイズの大型化に伴う需要増加のほか,OLED関連部材が好調で市場をけん引して行くと予想する。センサー分野は,自動運転の進展に伴い搭載数が増加する車載カメラやミリ波レーダー,LiDARなどに関連した材料の伸びを予想する。自動車向け以外では,基地局におけるアンテナでの需要増加も期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 半導体製造産業の主要指標,2024年第1四半期改善か 2024年05月15日
  • 2023年半導体材料世界市場,過去最高額から8.2%減 2024年05月09日
  • 2024年,シリコンウエハー出荷面積は5%減 2024年05月09日
  • 2023年,世界半導体製造装置販売額は1,063億ドルに 2024年04月11日
  • 2029年,半導体露光装置市場は4兆7,900億円 2024年04月02日
  • 2030年次世代ドラレコ,新車への搭載率1% 2024年03月28日
  • 2023年のスマホ世界出荷台数,12億2,629万台の見込 2024年03月27日
  • 300mmファブ装置投資額,2027年に1,370億ドル 2024年03月22日