三菱重工ら,無人化物流ソリューションを製品化

三菱重工業,三菱ロジスネクスト,オカムラは,レーザースキャナーで反射板をスキャンし現在地を認識して走行する三菱ロジスネクストの「PLATTER Auto(プラッターオート)」とオカムラのパレットストレージシステム「CYBISTOR(サイビスター)」を組み合わせた,倉庫内の「無人化物流ソリューション」を製品化し,販売を開始したことを発表した(ニュースリリース)。

物流現場においては,フォークリフトオペレーターの人手不足や増加・変動する荷物に対する保管スペースの確保といった課題がある。これらの課題を解決するべく,無人フォークリフト開発の実績を有する三菱ロジスネクストと搬送・仕分け機器などの物流システム機器に強みを持つオカムラが,それぞれの知見を持ち寄って共同開発を実施した。

具体的には,無人走行の「PLATTER Auto」が搬送するパレットを「CYBISTOR」のラックに入庫し,ラック内ではシャトルがレーンの最奥部までパレットを搬送,格納。出庫の際も同様に,シャトルが「PLATTER Auto」の元までパレットを自動搬送し,「PLATTER Auto」が次工程まで運搬する。これにより一連の物流作業を無人化でき,荷役業務の省人化・省力化に貢献できるとしている。

また,「CYBISTOR」は通路スペースを必要としないことから,平置きや一般的なパレットラックと比較し,同じスペースでも約2倍の保管量を実現でき収納効率の向上にも貢献するという。

さらに,パレットの搬送に加え,有人でのフォークリフトでは難しい高段を含めたラック内のシャトルの間口変更も「PLATTER Auto」が自動で行なうため,人手作業を大幅に減らすことが可能。作業量,必要能力に応じて入庫は「PLATTER Auto」による全自動,出庫は従来のフォークリフトを使用するといったフレキシブルな運用も可能となる。

ラックとレーザー誘導方式フォークリフトの組み合わせであることから,コンベヤーなどで通路動線を遮ることなく自由なレイアウトで自動化を実現。区画をまたいだレイアウトや複雑な形状の倉庫へも導入できる。

大掛かりな設備工事が必要ないため設置も簡単,原状復帰が求められる賃借倉庫にも適しているとし,フォークリフトはレーザー誘導方式で床面に経路テープが不要なため,走行経路の変更も画面で簡単に行なえるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,レーザーと3D画像で埋設物を可視化 2022年07月29日
  • 産総研,対象物の位置姿勢を高精度に検出する技術 2022年06月22日
  • 2020年,産業ロボ向けセンサー世界市場は880億円 2022年03月22日
  • 北大,光で泳ぐ分子ロボットを創出 2021年11月29日
  • NICTら,ミリ波で映像伝送する見廻りロボを開発 2021年06月09日
  • JAISTら,人工筋肉を光照射で自在に作製 2021年04月20日
  • パナ,公道で自動運転ロボによる配送実験を開始 2021年03月04日
  • 佐賀大ら,カメラで追従する農業用搬送ロボを開発 2020年11月10日