JAXAら,変形型月面ロボットで月着陸機を撮影

宇宙航空研究開発機構(JAXA),ソニーグループ,タカラトミー,同志社大学は,共同開発した変形型月面ロボット(LEV-2)が,小型月着陸実証機(SLIM)の撮影に成功したと発表した(ニュースリリース)。

これにより,LEV-2は超小型月面探査ローバ(LEV-1)と共に,日本初の月面探査ロボットになり,世界初の完全自律ロボットによる月面探査,世界初の複数ロボットによる同時月面探査を達成した。さらに,LEV-2は世界最小・最軽量の月面探査ロボットとなった。

研究グループは,LEV-1を経由して地上へ転送し,これによりLEV-1・LEV-2間の通信機能が正常に動作したことが確認できた。また,LEV-2が収納状態の球体から変形したことから,SLIMから放出された後に,正常に月面で展開・駆動したことも併せて確認できた。

さらに,LEV-2が自律制御で,オンボードの光学カメラを使って撮影した複数枚の画像の中から,SLIMが画角内に写っている良質な画像を画像処理アルゴリズムにより選定し,送信したことも分かった。

研究グループは,走行ログを含めたその他のデータについては現在も解析を行なっており,今後その結果を公表予定だとしている。

その他関連ニュース

  • 宇宙戦略基金,衛星ライダーなどの技術テーマ決定 2024年05月15日
  • NAOJら,新星がリンの主な供給源と光学観測で解明
    NAOJら,新星がリンの主な供給源と光学観測で解明 2024年05月13日
  • NHKとJAXA,火星探査機用8Kカメラを完成 2024年05月09日
  • ワープスペース,JAXAの高感度光センサーを開発 2024年05月07日
  • 名大ら,太陽フレア観測用高解像度X線望遠鏡を製作 2024年04月11日
  • 近大ら,海王星の新たな衛星を2つ発見 2024年03月26日
  • 東大,ブラックホール質量増加率が低いことを解明 2024年03月12日
  • 立教大ら,XRISMの定常運用移行と観測データ公開へ 2024年03月12日