富士通ゼネラルら,紫外線水平照射の有効性確認

富士通ゼネラル,同社と資本提携するエアロシールド,日本繊維製品品質技術センターは,業界で初めて紫外線水平照射技術「n-UV技術」により,空間に浮遊する新型コロナウイルス(SARS-CoV-2,デルタ株)が1分で99%以上不活化することを確認した(ニュースリリース)。

現在,厚生労働省は新型コロナウイルスの感染経路について,「感染者(無症状病原体保有者を含む)から咳,くしゃみ,会話などの際に排出されるウイルスを含んだ飛沫・エアロゾル(飛沫より更に小さな水分を含んだ状態の粒子)の吸入が主要感染経路と考えられる」としている。

さらに,「エアロゾルは空気中にとどまりうることから,換気不十分な環境などでは,感染が拡大するリスクがある」と報告している。また,富士通ゼネラルも,「エアロゾル粒子の上昇」の挙動解析を実施し,口から出た後20秒程度で天井に到達することを確認している。

「n-UV技術」は,室内の浮遊ウイルスや細菌を不活化する事を目的に,エアロシールドが開発した独自の空気環境対策技術。ウイルスや細菌の核酸(DNA/RNA)に直接ダメージを与える紫外線(波長:254nm)を,効率よく前面に反射させる「紫外線専用反射板」および,紫外線の下方照射を防止する「水平ルーバー」の構造により,室内空間上部への水平照射を可能とし,有人空間で人に影響を与えず浮遊ウイルスや細菌を不活化することができる。なお,紫外線の室上部照射は,CDC(米国疾病対策センター)が十分な換気ができない場合に推奨している空気清浄方式の一つだという。

今回,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2,デルタ株)を1m2の密閉空間にエアロゾルのように浮遊させ,「n-UV技術」を用いて不活化する実証試験を行なったところ,業界初となる,空間に浮遊している新型コロナウイルスの不活化を実証した。具体的には,「n-UV技術」により,デルタ株を1分で99%以上不活化したとしている。

その他関連ニュース

  • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日
  • ウシオ,広範囲向け抗ウイルス・除菌用光源を発売 2022年05月26日
  • 三井化学らの空中ディスプレー,町役場に導入 2022年05月25日
  • 産総研ら,超高速・高感度ウイルス検出法を開発 2022年05月19日
  • 名大ら,コロナを不活化するエアカーテンを開発 2022年05月18日
  • 東芝ライテック,LED空間除菌・脱臭装置を発売 2022年05月17日
  • ウシオら,手術部位への222nmの安全性を評価 2022年04月26日
  • 東大ら,高出力深紫外LED開発しコロナ高速不活化 2022年03月18日