ams OSRAM,ヘッドライト用高輝度LEDを発売

ams OSRAMは,自動車の前照灯用として業界最高の明るさ性能のLED「Oslon Black Flat X」ファミリーを発表した(製品ページ)。

自動車用照明においてLEDは,最小限の設置スペースで優れた明るさを発揮するため,メーカーは照明ソリューションの設計に大きな自由度が得られる。

表面実装可能なこの製品は,標準的な生産工程で取り扱いが可能。1チップタイプは,1Aで460 lmという明るさに加え,3.75mm×3.75mmというコンパクトなサイズを特長とする。また,このLEDシリーズの特長であるQFNパッケージ構造により,放熱対策にも優れており,システムによっては,ヒートシンクの大幅な小型化,もしくは完全に排除することも可能だという。

製品パッケージのもう一つの特長であるリードフレームにより,市場で普及するセラミックパッケージに対し,非常に低い低レベルの熱抵抗(Rth)を実現。特殊な酸化チタンの封入と合わせて,LEDのブラックパッケージにより1:200の高コントラストや,カラーオーバーアングル(色度の角度依存性)の均一化を実現した。

同社ではこの製品について,主に自動車のロービームおよびハイビームなどに使用されることを想定している。まず,1チップタイプと2チップタイプから提供を開始し,2022年中頃に,マルチチップタイプを拡充する予定。

その他関連ニュース

  • 名工大,鱗で最高発光効率のカーボンナノオニオン 2022年05月25日
  • サンケン電気,超高演色LEDデバイスを発売 2022年04月25日
  • 豊技大ら,脳に貼れるマイクロLEDアレーを開発 2022年03月22日
  • 広島大,もみ殻からシリコン量子ドットLEDを作製 2022年02月10日
  • OIST,青色ペロブスカイトLEDの安定化に成功 2022年01月25日
  • 広島大,量子収率80%のシリコン量子ドットを合成 2022年01月21日
  • スタンレー,高出力赤外VCSELの量産出荷を開始 2022年01月12日
  • オンセミ,車室内分析ソフト企業と協業 2022年01月07日