2021年Q2シリコンウエハー出荷面積,前期比6%増

米SEMIは,7月27日(米国時間),2021年第2四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が前期比6%増の35億3,400万平方インチとなり,今年第1四半期の過去最高面積を塗り替えたと発表した(ニュースリリース)。前年同期比では,2020年第2四半期の31億5,200万平方インチから12%の増加となった。

SEMIによれば,シリコンの需要は,複数のエンドアプリケーションに牽引されており,強い成長を続けているという。300mmおよび200mmアプリケーション向けのシリコン供給は,需要が供給を上回りつづけているため,タイトになっているとしている。

半導体用シリコンウェーハ*  出荷面積動向 (百万平方インチ)

四半期 2020年
第1四半期
2020年
第2四半期
2020年
第3四半期
2020年
第4四半期
2021年
第1四半期
2021年
第2四半期
出荷面積 2,920 3,152 3,135 3,200 3,337 3,534

(出典:SEMI 2021年7月)

その他関連ニュース

  • 半導体前工程製造装置,連続して過去最高額を更新 2021年09月15日
  • 2021年Q2,半導体製造装置販売額は48%増加 2021年09月08日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • 阪大ら,次世代半導体の新規価電子制御法を提案 2021年08月26日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 2026年フォトレジスト市場,2020年比52.9%増に
    2026年フォトレジスト市場,2020年比52.9%増に 2021年07月12日
  • 2035年PV導入量,2020年2.1倍の1億4,100万kWに 2021年07月06日
  • 2030年パワー半導体市場,20年比144.3%の4兆円超 2021年06月21日