2021年Q2シリコンウエハー出荷面積,前期比6%増

米SEMIは,7月27日(米国時間),2021年第2四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が前期比6%増の35億3,400万平方インチとなり,今年第1四半期の過去最高面積を塗り替えたと発表した(ニュースリリース)。前年同期比では,2020年第2四半期の31億5,200万平方インチから12%の増加となった。

SEMIによれば,シリコンの需要は,複数のエンドアプリケーションに牽引されており,強い成長を続けているという。300mmおよび200mmアプリケーション向けのシリコン供給は,需要が供給を上回りつづけているため,タイトになっているとしている。

半導体用シリコンウェーハ*  出荷面積動向 (百万平方インチ)

四半期 2020年
第1四半期
2020年
第2四半期
2020年
第3四半期
2020年
第4四半期
2021年
第1四半期
2021年
第2四半期
出荷面積 2,920 3,152 3,135 3,200 3,337 3,534

(出典:SEMI 2021年7月)

その他関連ニュース

  • 北大,水と光で作製した半導体界面の電子構造解明 2022年01月14日
  • SCREEN,次世代パターン用直接描画装置を開発 2022年01月13日
  • 2022年半導体前工程製造装投資額,過去最高に 2022年01月12日
  • 2024年セキュリティ関連市場,1兆236億円に 2022年01月12日
  • 2035年太陽電池世界市場,10兆1,661億円に 2022年01月12日
  • 2025年度通信機器・通信サービス市場,14.4兆円に 2021年12月20日
  • JEITA,CO2削減に資するデジタル分野市場を発表 2021年12月17日
  • JEITA,電子情報産業の世界生産見通しを発表 2021年12月17日