2021年Q2シリコンウエハー出荷面積,前期比6%増

米SEMIは,7月27日(米国時間),2021年第2四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が前期比6%増の35億3,400万平方インチとなり,今年第1四半期の過去最高面積を塗り替えたと発表した(ニュースリリース)。前年同期比では,2020年第2四半期の31億5,200万平方インチから12%の増加となった。

SEMIによれば,シリコンの需要は,複数のエンドアプリケーションに牽引されており,強い成長を続けているという。300mmおよび200mmアプリケーション向けのシリコン供給は,需要が供給を上回りつづけているため,タイトになっているとしている。

半導体用シリコンウェーハ*  出荷面積動向 (百万平方インチ)

四半期 2020年
第1四半期
2020年
第2四半期
2020年
第3四半期
2020年
第4四半期
2021年
第1四半期
2021年
第2四半期
出荷面積 2,920 3,152 3,135 3,200 3,337 3,534

(出典:SEMI 2021年7月)

その他関連ニュース

  • 2028年,イメージング&センシング市場は15.8兆円 2022年11月29日
  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • 2026年通信機器の国内市場,3兆3,292億円に 2022年11月17日
  • SCREEN,ウエハー外観検査装置を発売 2022年11月15日
  • ソーラー水素世界市場,2050年には95億円に拡大 2022年10月25日
  • 2022年スリープテック市場,前年比133.3%の60億円 2022年10月25日
  • 2030年のレーザー照明世界市場,8,755億円に 2022年10月18日
  • eBeam,EUVがフォトマスクの売上に寄与すると予測 2022年10月18日