トプコンとクボタ,スマート農業で共同研究


トプコンと米国100%子会社のTopcon Positioning Systemsは,クボタとスマート農業分野での共同研究契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

世界的な食料需要の高まりと,生産現場の人手不足が懸念される中,作業効率性と生産性の向上を目指すスマート農業への期待が高まっている。

クボタは長年にわたり世界の農業従事者に製品・サービスを供給し続けており,トプコンは自動化技術とDXソリューションで「農業の工場化」を推進している。両社はそれぞれの知見を持ちより,各種センサーを活用した農作業データの収集や管理,ビッグデータの活用,また自動化による生産性向上へのソリューションなど,幅広い分野でスマート農業の研究開発を共同で進めていく。

共同研究の主な内容は以下の3つ。
・センサー等を使用した農作業データの収集
・ビッグデータを活用した作物栽培ソリューションの研究
・車両管理及び自動化技術

両社の技術・ノウハウを持ち寄り,スマート農業分野における共同研究を通し,将来の事業化を見据えたイノベーションの創出に共同で取り組むとしている。

その他関連ニュース

  • ニコン,レーザー微細加工技術でシャープと協業 2021年07月27日
  • 楽天と島津,光免疫療法に関する機器の開発で協業 2021年06月18日
  • 岡本硝子,名大ベンチャーとAlN材料で連携 2021年05月17日
  • 古河電工と日亜化学,青色レーザー加工で長期提携 2021年04月27日
  • NTTと富士通,光電融合製造技術で協業 2021年04月26日
  • エドモンドと独UFI,パートナーシップを締結 2021年03月11日
  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日
  • 九大発ベンチャーと日本曹達,有機ELで共同開発 2020年10月23日