楽天と島津,光免疫療法に関する機器の開発で協業

楽天メディカルと島津製作所は,光免疫療法による治療技術基盤「イルミノックスプラットフォーム」に関わる医療機器の共同開発・製品化契約を締結したこと発表した(ニュースリリース)。

同プラットフォームを基に開発された医薬品および医療機器を用いた光免疫療法による治療では,「特定の細胞に選択的に集まる成分」と「光に反応する物質」からなる薬剤を投与後,患部に光照射することで薬剤が反応し,その細胞を壊死あるいは排除する。

今回両社はこの契約に基づき,それぞれの専門性を活かして,光照射に対する薬剤の反応をリアルタイムで可視化・測定・記録する技術の共同開発を行ない,この技術によって,腫瘍の状態に合わせた光照射の最適化を目指す。さらに,両社はグローバルで,この技術を用いた医療機器の製品化に取り組んでいく。

楽天メディカルは,米国国立がん研究所の小林久隆氏らが開発したがん光免疫療法を基に,同プラットフォームを確立し,医薬品および医療機器の研究開発を進めている。

2020年9月,同社の日本法人である楽天メディカルジャパンは,医薬品「アキャルックス点滴静注250mg」および医療機器レーザー装置「BioBladeレーザシステム」について,世界に先駆けて「切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部癌」を効能・効果として厚生労働省から,製造販売承認を取得,2021年1月より販売を開始している。

島津製作所は,ヘルスケア市場において,分析計測・画像診断の技術を融合させた革新的な製品・サービスの創出に取り組んでいる。その一環として,計測技術を応用して,国内外のがん専門機関とともに非臨床における光免疫療法の研究支援を進めてきた。今回の契約では,がん光免疫療法による治療を支援することを目的として,光計測技術を用いた医療機器の開発を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • 東レエンジとアドバンテスト,マイクロLEDで協業
    東レエンジとアドバンテスト,マイクロLEDで協業 2024年04月15日
  • ウシオとAMAT,サブミクロン配線向けDLTを開発
    ウシオとAMAT,サブミクロン配線向けDLTを開発 2023年12月13日
  • オリンパスとソニー,医療分野に関する協業を強化 2023年12月11日
  • 横市大ら,光免疫療法の戦略手法を確立 2023年11月07日
  • 名大,近赤外光線免疫療法効果を予測する技術を開発 2023年08月08日
  • エネコートとトヨタ,ペロブスカイト太陽電池で協業 2023年06月28日
  • 三菱とCoherent,パワー半導体SiC基板を共同開発 2023年05月30日
  • OKIと古河電工,CATV向けIP放送で技術提携 2022年11月07日