Zemax,「OpticStudio」など最新版をリリース

米Zemaxは,同社の光学設計ソフト「OpticStudio」と「OpticsBuilder」の最新版をリリースした(ニュースリリース)。

今回「OpticStudio 21.2」に,有限要素解析(FEA)パッケージとの間のワークフローを簡素化し,合理化するための新しいモジュール「OpticStudio STAR」(Structural,Thermal,Analysis and Results:構造分析および熱分析と結果)を追加した。

任意のシミュレーションパッケージから構造および熱FEAデータセットを直接読み込むことで,「OpticStudio STAR」モジュールを使用して,構造および熱要因がシステム性能に与える影響を容易に評価し,視覚化することができるという。

このモジュールは,STARのアプリケーションプログラミングインターフェースと,「OpticStudio」のアプリケーションプログラミングインターフェースを介してワークフローの自動化をサポートする。これにより,STARモジュールは,Zemaxソリューションと他のエンジニアリングシミュレーションツールとの接続を強化する。

このモジュールに加え,ティルト/ディセンタエレメントツールに新たに追加された軸外し回転中心により,機械的な取り付け構造に基づいた現実的なティルトやディセンタの設定プロセスが大幅に簡素化された。これは,オプトメカニカルモデルの正確な設計と公差解析を行なう上で重要となる。

また,ホログラムレンズ,ホログラム面,トロイダルホログラム(ノンシーケンシャル形状オブジェクト)のノンシーケンシャルモードでの回折計算をサポート。これにより,HUDやAR/VRゴーグルなどのアプリケーションにおいて,ボリュームホログラムを完全な3D環境で正確にモデリングすることができる。

また,ノンシーケンシャルパス解析ツールのアップデートが含まれており,光線追跡中にデータを計算して新しい.PAFファイルに保存することができるため,光線経路データにアクセスするために大規模な光線ファイルの保存や解析の必要がない。この拡張機能は,複雑なオプトメカニカルモデルの迷光解析において,意図しない光路を特定し,最小化するのに有効だという。

携帯電話など,多くのカメラシステムの小型化が進む中,設計にはより複雑な非球面が求められている。これをサポートするために,ノンシーケンシャルモードにQタイプ非球面のサポートが追加され,オブジェクトをCADにネイティブにインポートできるようになった。

また,「OpticBuilder 21.2」では,オプティカルアセンブリを削除し,新しい.ZBDファイルで再スタートする機能があり,「OpticStudio」との間のワークフローがさらに改善されるとしている。

なお同社は,7月6日(火)にバーチャルカンファレンス「Zemax Envision Japan 2021」を開催する。

その他関連ニュース

  • 紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に
    紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に 2021年05月10日
  • QSTら,極短パルス照射のモット絶縁体の変化発見 2021年04月26日
  • 光響,「CODE V」と測定装置のセットを発売 2021年04月12日
  • 東北大,レーザーの水ジェット発生機構を解明 2020年10月02日
  • 京大ら,刻々と変化する量子状態を精度よく推定 2020年09月17日
  • 3DOptix,実製品の光学シミュレーションを開発 2020年05月07日
  • 青学ら,フラストレート量子シミュレーション提唱 2020年03月25日
  • 筑波大ら,有機半導体開発シミュレーションに成功 2020年02月19日