オフィールジャパン,ドローン用ズームレンズ発売

オフィールジャパンは,「Ophir LightIR16-180mm MWIR f/3.6連続ズームレンズ」を発表した(製品ページ)。

軽量,長距離,駆動式連続ズームレンズの「LightIR」ファミリーの最新製品で,小型の10μmピッチVGA FPA(焦点面アレイ)ディテクター用に最適化されている。

レンズの長さを大幅に短縮する屈曲光学設計を特徴としており,レンズが組み込まれている光学システムの全体的なサイズと重量を最小化し,既存のMWIR(中波赤外線)10μmVGAレンズよりも65%小さくなった。

これによりサイズ,重量,電力(SWaP)を最小化し,ドローンや戦術的なUAV IRカメラ,産業用,国土安全保障や防衛のマイクロ/ミニ戦術ペイロードなどの小型ジンバルサーマルイメージングアプリケーションの厳しい要件に適するという。

また,より小さなサイズのディテクターへの新しい市場シフトに対応し,SWaP機能,13 km以上の検出範囲,費用対効果の高い価格設定の組み合わせにより,高度なドローンUAVおよび小型ジンバルサーマルイメージングアプリケーションの推進に貢献していくとする。

さらに,屈曲光学設計により長い光学長が可能になり,より少ない光学要素を組み込んだコンパクトな構成で公差に対する感度が低下。過酷な環境での回折限界に近い性能も可能になり,見通し内(LOS)の安定化や非熱化などの課題に対処する。

ズーム範囲全体にわたってシャープなフォーカスを維持。メカニカルおよび通信インターフェースにより,カメラシステムへの統合が容易になるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • 阪大ら,ドローンと光通信技術で煙突内壁を透視 2021年06月01日
  • 京産大ら,近赤外吸収線カタログを作成し元素測定 2021年05月27日
  • NII,誤差のあるセンサーでもソフト変換で安全に 2021年05月27日
  • FLIR,ドローン向け赤外線カメラを発売 2021年05月17日
  • NEDOプロ,外壁調査用ドローンの安全化技術を開発 2021年04月16日
  • アイ・アール・システム,RoHS対応の赤外線検出器 2021年03月29日
  • エドモンド,集光レンズと固定焦点レンズを発売 2021年03月11日