都市大,健康維持につながる室内照明を検証

東京都市大学の研究グループは,照明環境が生体リズムや睡眠の質に及ぼす影響について検証・考察を行ない,室内照明(照度・色温度)を自然光の変化に合わせて調節することが健康維持につながることを明らかにした(ニュースリリース)。

コロナ禍による在宅勤務の浸透もあり,多くのビジネスパーソンが自宅室内で長時間を過ごすようになった。今回,全国の25歳~59歳,正社員・フルタイムで働くオフィスワーカー男女600名に調査を行なったところ,5人に1人がコロナ以降,生活リズムの乱れを感じており,リモートワークになっている人のほうがその傾向が顕著であることが分かった。

これをもとに,オフィス勤務および在宅勤務における光の照度と色温度を計測した結果,一般的に在宅勤務ではオフィス勤務より,昼間に浴びる光が弱い(照度が低い)ことから夜間のメラトニン分泌量が減少し,生体リズムを乱す一因となっていることが判明した。

また合わせて,室内照明と睡眠の質を検証した結果,一般的な照明器具よりも自然光の変化に合わせて照度と色温度を調整できる照明器具(設定した就寝予定1時間前から暖色光(2700K)の間接照明に切り替わり,空間全体が薄暗い明るさ(枕元1ルクス)となり就寝時刻に消灯し,起床設定時刻の30分前から徐々に照明が点灯していく)を用いる方が,深い睡眠が促されることが分かったという。

新型コロナウイルスの影響は長期化が予想されるほか,コロナ収束後も在宅勤務を継続する企業も多いため,生活リズムや睡眠の乱れといった課題は,今後より深刻になる可能性がある。

この研究で明らかになった,生体リズムや睡眠の質を高める光の条件と,一般家庭やオフィスにおける適切な照明器具の選び方,コントロール方法は,体のリズムが乱れがちなコロナ禍の健康維持や,住宅やオフィスの照明状態,光環境の設計として役立つことが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 筑波大,ウニが光刺激で腸へのゲートを開くを発見 2021年04月06日
  • 阪大,体内時計で季節に応答する脳神経細胞を発見 2021年02月26日
  • 名大ら,可視光で概日リズムの可逆的な操作に成功 2021年01月22日
  • 日亜化学,概日リズムを整えるLEDを開発 2020年12月15日
  • 早大,原核生物のUV耐性に概日リズムを発見 2020年12月07日
  • 遺伝研,藻類の日周について基本機構を解明 2020年08月05日
  • 京セラら,「人に優しい照明」実証実験を開始 2020年06月26日
  • 名大ら,概日時計に作用する新化合物発見 2020年04月01日