キヤノンの3Dビジョンシステム,UR+の認証を取得

キヤノンとキヤノンマーケティングジャパンは,ロボットの眼となるキヤノンの3Dマシンビジョンシステム「RVシリーズ」が,デンマーク ユニバーサルロボット(UR)の認定製品プラットフォーム「UNIVERSAL ROBOTS+」(UR+)の認証を取得したと発表した(ニュースリリース)。

生産現場での自動化のニーズが高まる中,キヤノンは,高精度に3次元認識が可能な3Dマシンビジョンシステム「RVシリーズ」を提供している。この製品は高速かつ高精度に,部品の位置と姿勢の3次元認識ができるとし,3機種のラインナップにより,幅広いサイズの部品測定に対応しているという。

数種類のパターン光を投影し,距離画像と濃淡画像を同時に取得する。事前登録しておいた部品の3DCADモデルをフィッティングすることで,さまざまな形状の部品を高精度に3次元認識することが可能とする。

今回,同シリーズは「UR+」認証を取得した。それに合わせ,UR製協働ロボット専用のロボットコントローラー用プラグイン「RV Series URCap」の無償提供を開始する。このプラグインを用いることで,キャリブレーション用プログラムの作成が不要となり,ピッキング用ロボットプログラムが簡単に作成できるなど,ロボットの「眼」となる3DマシンビジョンとUR製協働ロボットとの連携が容易になるとしている。

その他関連ニュース

  • Basler,カスタマイズ可能なカメラモジュールを発表 2024年04月26日
  • OKI,ロボットビジョン向け高耐久ケーブルを発売 2024年03月21日
  • IDS,暗い環境でも卓越した画質のカメラを発売 2024年03月07日
  • エドモンド,テレセントリックレンズキットを発売 2024年02月22日
  • IDS,コンパクトなオートフォーカスカメラを開発 2024年02月05日
  • エドモンド,防水保護のIP67等級5GigEカメラを発売 2023年12月20日
  • Basler,短波赤外カメラに画素欠陥修正機能を追加 2023年11月24日
  • 農研機構,トラクタの作業機自動交換をカメラで実現 2023年11月15日