SF,超小型Qスイッチレーザーを発表

スペクトラ・フィジックスは,超小型Qスイッチレーザー「Explorer One HPシリーズ」の最新モデルとなる,従来比3.5倍のパルスエネルギーを実現する「Explorer One HP HE 355-200」を発表した(ニュースリリース)。

この製品は,精密プロセスを求める産業アプリケーション向けに,世界最小クラスのサイズでありながら高度な制御機能を提供。パルスエネルギー>200μJ,平均出力>4Wを両立し,パルスエネルギーの安定化制御機能を備える。

ディスプレーや太陽光発電における薄膜アブレーション用途,マイクロ抵抗やコンデンサのトリミング用途,および医療部品,プラスチック,ガラス材料への高コントラストマーキングなどに適しているという。

また,200μJを超えるUVパルスエネルギー,15ns未満のパルス幅,およびシングルショットから200kHzまでのユーザー調整可能な繰返し周波数を提供。高度なE-Trackアクティブパルスエネルギー制御は要求される最適なプロセス実現のために,多彩な制御とパルスエネルギー調整を可能にする最適化アルゴリズムを備えている。

「It’s in the Box」コンセプトのモデルとして,レーザーヘッドと電源が一体化されたプラットフォームに組まれ,コンパクトなデスクトップ機器などへの搭載を容易にする。実績のある「Explorer Oneプラットフォーム」をベースにした新モデルとして,過酷な条件下における24時間稼働を前提とした産業アプリケーション向けに設計されているという。

この製品の主なアプリケーションは以下のとおり。
・LEDチップ製造プロセス
・OLEDディスプレー製造プロセス
・ガラスの内部及び表面マーキング
・金属,プラスチックなどの精密マーキング
・ウエハーマーキング
・各種精密加工(穴開け,切断,金属箔など)
・UIDマーキングなど

その他関連ニュース

  • 光響,100Wレーザーエングレービングを発売 2021年05月18日
  • 光響,レーザー保護パーティションを発売 2021年05月10日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日
  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日
  • 光響,UVレーザーマーカーを発売 2021年02月24日