新日本無線,反射型センサーのサンプル配布を開始

新日本無線は,ボタンをタッチレス化する反射型センサー「NJL5830」のサンプル配布を開始した(ニュースリリース)。サンプル価格は600円で2021年4月の量産開始を予定している。

この製品は,高出力の赤外LEDと受光ICを独自のパッケージに組み込んだ反射型センサー。面実装の小型・薄型パッケージを採用しており,既存のボタンにも組み込むことができる。また,検知距離を最適化することにより隣接するボタンへの搭載が可能で,自動販売機や券売機等,複数のボタンが搭載される装置に適しているという。

また,対象物(指)を検知すると出力がHIGHとなるノーマリーオフタイプの反射型センサーで,既存ボタンの配線と同様に使用でき,特別な処理は必要ないとしている。

同社は,公共性の高い装置のボタンをタッチレス化することで,細菌感染対策や衛生面の向上に貢献し,今後,光学式タッチレスセンサーをシリーズ化していくという。

この製品の主な仕様は以下のとおり。
・小型・薄型パッケージ:3.6×5.8×1.2mm
・デジタル出力(ノーマリーオフタイプ)
・電源電圧:5.0V
・動作温度範囲:-30℃to70℃
・鉛フリーリフローハンダ付け対応:260℃,2回
・鉛フリー,ハロゲンフリー
・RoHS指令準拠

その他関連ニュース

  • 日立,エレベーター用タッチレス操作パネルを開発 2022年09月13日
  • 公大ら,レーザー加工を用いた風雨センサーを開発 2022年05月13日
  • NEC通信,3次元物体検知ソフトウェアを開発 2022年04月25日
  • 日清紡マイクロ,光学式反射型センサを開発 2022年03月08日
  • 東大ら,1024個の分子センサを1チップに集積 2022年01月24日
  • 電通大ら,超小型プラズモニック赤外センサを開発 2021年12月21日
  • キヤノン,世界最高画素数のSPADセンサーを開発 2021年12月20日
  • 竹中電子,熱材位置検出センサーを発売 2021年11月08日