三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ

三井化学とKOALA Techは,有機半導体レーザーデバイスの実用化に向けた有機色素の開発について,共同研究開発を開始した(ニュースリリース)。

有機半導体レーザーは,無機半導体レーザーでは実現困難であった「可視~近赤外域の任意の波長での発振」が可能になる。特に,近赤外波長域は今後,生体認証,光学センサーなどの分野で新たな応用展開が期待されている。また,柔らかい有機材料を使うことでフレキシブルデバイスへの利用にも適している。

三井化学は,これまでにCD-R,DVD-R,有機EL等の用途で有機色素開発および実用化の実績がある。これら一連の開発で培った分子設計および有機合成技術をベースとし新たな有機色素を開発することができる。

KOALA Techは,九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センターで世界に先駆けて実現されたOSLD技術の実用化を目的として設立されたスタートアップ企業。OSLDによる電流励起発振のための設計技術を保有している。

両社は近赤外波長域での高効率なレーザー発振を可能とする有機色素の研究開発を共同で行ない,スマートフォンやウェアラブル機器への実装・導入を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,100Jのパルスレーザーの10Hz発振に成功 2023年01月12日
  • ウシオ,最広温度範囲の405nm/175mW LD発売 2023年01月11日
  • 名大ら,核融合技術を応用しランダムレーザーを開発 2023年01月11日
  • 山形大ら,耐水性/伸縮性ペロブスカイト材料を創出 2022年12月07日
  • DNP,レーザーパターンライトの試験販売を開始 2022年11月25日
  • 旭化成と名大,UV-C LDの室温動作発振を実現 2022年11月25日
  • 【光フェア】アプトス,害鳥忌避レーザーを展示 2022年11月11日
  • 【光フェア】シャープ福山,AR用レーザー展示 2022年11月11日