ドコモ,開発中のウェアラブルディスプレーを公開

NTTドコモは,開発を進めている「軽量ディスプレイグラス」の試作機を公開する(ニュースリリース)。

この試作機は,グラス型ウエアラブルデバイス。USB Type-C 端子搭載,DisplayPort Alternate Mode対応のAndroidスマートフォンなどと,デバイスに付属のケーブルを接続するだけで,スマートフォンなどのコンテンツを大画面(4m先を見た場合に約100インチ相当)で楽しむことができる。

長時間の着用が可能な世界最軽量クラスとなる約49gの軽量性と,眼鏡のように気軽に着脱でき,折り畳んでコンパクトに持ち運べる高い利便性を実現した。日常で使えるグラス型デバイスとして,ミニマルなデザインとなっているという。

ディスプレーはフルHD(1,920×1,080)のOLEDパネルを採用。シースルー構造となっていて,装着時も周囲の状況を確認しながら自分だけの画面で仕事をしたり,動画を視聴しながら両手を使った作業をしたりすることができる。

デザインと透過度の異なる3種類のフロントアタッチメントをワンタッチで交換でき,シチュエーションやコンテンツに応じて簡便に使い分けられるという。

同社はこの試作機を,2021年2月4日(木)~2月7日(日)まで,同社の最新技術を紹介するイベント「docomo Open HouseTM 2021」で紹介するとしている。

その他関連ニュース

  • XR対応HMD市場,国内出荷台数は2020年に73万台 2021年04月21日
  • 東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得
    東大ら,AR手術ナビシステムの薬事認証を取得 2021年04月12日
  • HOYA,視覚障がい者向け電子眼鏡事業を分社化 2021年04月02日
  • NTT-AT,高屈折率ナノインプリント樹脂を開発 2021年03月31日
  • FASE,内視鏡手術向けHMDを発売 2021年03月29日
  • 農工大,コンタクトレンズディスプレーを開発 2021年03月26日
  • 名大ら,ARを用いた次世代型肘関節鏡手術を開発 2021年03月02日
  • 都市大ら,用途に応じたVRシステムを検証 2021年02月16日