ルミバード,光パラメトリック発振器を発売

仏ルミバードは,同社のパルスYAGレーザーと組み合わせた「光パラメトリック発振器(OPO)」の商品化に関して独GWU-Lasertechnikと契約合意したことを発表した(会社HP)。

これにより,ルミバードのパルスNd:YAGレーザー製品群に波長可変OPOシステムが含まれることになるという。

GWU-LasertechnikはOPOソリューションで高い実績があり,同社のシステムは業界実績のある「Q-smart」または「Merion」シリーズで励起され,紫外から中赤外までの可変波長領域を提供する,分光,医療用途などにおいて優れた製品だとしている。

新製品の主な特長は以下のとおり。
・UV(190nm)から中赤外(2.7µm)への可変波長域
・高速で正確な自動波長掃引
・優れた空間モードとスペクトル品質
・高出力仕様:「Q-smart」シリーズ励起,高繰り返し仕様:「Merion」シリーズ励起

その他関連ニュース

  • セブンシックス,ピコ秒レーザーモジュールを発売 2022年06月24日
  • SP,量子科学向けレーザー/ダブラ―を発表 2022年05月11日
  • SP,50Wグリーンピコ/UVフェムトレーザーを発売 2022年04月27日
  • 理研,世界最高出力のアト秒レーザーを開発 2022年03月24日
  • 三菱電機,5G向けDFBレーザーを開発 2022年03月08日
  • DELO,AR-HUD向けUV接着剤を開発 2022年02月28日
  • 電通大,世界最高密度の量子ドットレーザーを開発 2022年02月01日
  • 横国大ら,ナノ構造で超狭帯域赤外放射材料を確立 2022年01月17日