アストロン,高速応答光検出器を発売

アストロンは,伊LaserPointの「BLINK FR高速応答光検出器」の販売を開始した(製品ページ)。

独自のテクノロジーに基づき開発されたこの製品は,広スペクトル帯域,高出力密度対応で,自然応答時間90ms(標準)を実現しているという。

一般にフォトダイオードセンサーは応答波長域が狭く,1ns未満のパルスに応答できるが,数ミリワットのレーザー出力にしか耐えることができない。一方,サーモパイル検出器は本質的に低速で1秒から数十秒の自然な応答時間だが,広いスペクトル帯域で比較的高いレーザー出力にも対応することができるという。この製品は,両者の利点を併せ持つとしている。

この製品の主な特長は以下のとおり。
・最大平均パワー:50W
・最小パワー:30mW
・雑音透過パワー(NEP):15mW
・自然応答時間(0-90%):Typ.90ms(最小50ms–最大120ms)
・受光サイズ:16x16mm
・空間的均一性:±3%
・吸収体スペクトル範囲:0.2-25µm
・較正スペクトル範囲:0.25-1.1µm;10.6µm

その他関連ニュース

  • 理科大ら,長期安定な有機‐無機受光膜を合成 2021年07月16日
  • アイ・アール・システム,RoHS対応の赤外線検出器 2021年03月29日
  • アストロン,OEM検出器センサーを発売 2020年10月08日
  • アストロン,ハイスピード光検出器を発売 2020年10月07日
  • NIMSら,量子井戸赤外線検出器を実現 2020年02月06日
  • 千葉大の新型検出器,ニュートリノ実験に採用 2019年07月18日
  • 浜ホト,2.55µm対応InGaAsエリアセンサーを開発 2019年06月10日
  • NECら,画像処理によるワイン検査機を開発 2019年05月20日