リンクス,産業用カメラのラインナップを拡充

リンクスは,2020年8月より独Baslerの新ラインナップ「ace2」に,ソニー製CMOSセンサー「IMX334・IMX392」を搭載した24モデルの提供を開始した(会社HP)。

「ace2」は,CCDに代わり,CMOSセンサーが一般的になった画像センサー市場のニーズに合わせて開発された新シリーズ。CMOSセンサー市場が拡大している中で,Baslerは「モジュールコンセプト」という新しい概念を取り入れ,開発期間や工数を圧倒的に短縮し,多品種生産を実現できるようになった。

「ace2」は新機能として,「ピクセルビヨンド」と「コンプレッションビヨンド」の2つを搭載。「ピクセルビヨンド」とは新しいビニング機能で,ビニング係数として整数以外に小数点以下の数値も指定することができる。これにより,ビニングによるデータ量の低減,フレームレートの向上,露光時間の短縮,画像の明るさの向上などのメリットだけでなく,生産が終了したセンサーから新センサーへのスムーズな移行も実現するという。

「コンプレッションビヨンド」機能では,カメラの内部で画像データの重複部分を除外することにより,画像データを直接圧縮することが可能となった。これにより,GigEやUSB3.0の帯域上限値を上回るより効率的な画像取り込みが可能になったとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売 2021年07月28日
  • IDS,新センサー搭載の産業用カメラを発売 2021年07月06日
  • タムロン,産業用単焦点レンズを発売 2021年06月28日