NTT-AT,AIサーマルカメラの販売開始

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は,2020年9月から台湾Shany Electronic Co., Ltd.製のサーマルカメラの販売を開始した(ニュースリリース)。オープン価格。

現在,新型コロナウイルスの感染拡大に伴い,不特定多数の人が出入りするオフィスや商業/公共施設,イベント会場などで体温測定を行なう機会が増加している。

しかしながら,従来の測定方法の場合,測定のための担当者を常時配置するコスト,担当者の感染リスク,体温測定される来訪者などのわずらわしさや待ち時間の増加などの課題があった。

こうした課題に対しては,人手を介さず離れた場所から体表面温度を監視し,効果的な方法で発熱者を検知することで感染拡大の防止を可能とする,サーマルカメラの活用が注目されている。

今回NTT-ATが販売するサーマルカメラはAI搭載型で,赤外線映像で体表面温度を高精度(±0.5℃の誤差)に測定する。体温測定専任の担当者を常時配置するなどのコストをかけず,測定時の感染リスクを回避し,来訪者側にも測定の負担や手間をかけず,発熱者を検知できるとしている。映像は,通常の映像とサーモグラフィ映像が同時に記録され,モニター上で確認できるため,発熱者の特定も容易だという。

NTT-ATでは今回,購入後すぐに運用開始できるカメラ,レコーダー,モニターをセットで販売する。

その他関連ニュース

  • 北大ら,蛍光偏光度から新型コロナの抗体検出 2021年06月17日
  • 日本アビオ,スクリーニング用赤外線カメラ発売 2021年06月15日
  • NEC,非接触のアプリケーション操作を実現 2021年06月09日
  • 阪大,微細加工で超小型波長変換デバイスを実現 2021年06月07日
  • 東大,光触媒で空気中コロナの不活化を実証 2021年05月21日
  • 富山大,プラズモンによる殺菌方法を提案・検証 2021年05月20日
  • FLIR,ドローン向け赤外線カメラを発売 2021年05月17日
  • 紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に
    紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に 2021年05月10日