紫光技研,家庭用プラズマオゾン発生装置を発売


紫光技研は,独自技術のプラズマ発光方式水銀フリー紫外線面光源「UV-SHiPLA(UVシプラ)」の新シリーズとして,小型で軽量なプラズマオゾン発生装置「オゾン缶『はこべ』」を発売した(ニュースリリース)。価格は25,000円(税別)。

同社はこれまでプラズマテレビ技術を紫外線発生に応用した紫外線デバイスの開発を続けてきた。この製品は,真空紫外線を応用した安全性の高い小型の家庭用オゾン発生装置で,新型コロナウイルス対策への貢献を目的としているという。

一般家庭用として安全性を最優先にし,オゾン発生量を適正に制御。部屋に据え置きするだけでなく,適正な箱(プラスチック容器)と組み合わせることにより,箱の中に高いオゾン濃度を発生させ,マスクやスマホなどに付着した新型コロナウイルスや大腸菌,その他の菌やウイルスなどを殺菌できるとしている。

高さ12cm×直径8cm,重さは240gとコンパクトで可搬しやすいデザインを採用。部屋全体をはじめ,くつ箱,バスルームやトイレ,クローゼットの除菌消臭を使用用途として想定している。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,222nmが植物に重障害を与えると発見 2021年11月29日
  • 名市大ら,可視光レーザーで殺菌・不活化に成功 2021年11月24日
  • OKI,非接触で操作可能なATM用パネルを発売 2021年11月15日
  • パナ,非接触スイッチを発売 2021年11月12日
  • ams OSRAMら,UV-C LEDの感染抑止能力を確認 2021年11月11日
  • 北大ら,電気的検出が可能なSPRセンサーを開発 2021年11月11日
  • ウシオ,コロナに関する技術実証に参加 2021年11月02日
  • 阪大,レーザー核融合に磁場でプラズマ閉じ込め 2021年10月15日