京セラ,太陽電池用封止材で中国企業と協業

京セラと,太陽電池モジュールの封止材料メーカーの中国 杭州福斯特应用材料股份有限公司(ハンゾーファーストアプライドマテリアル 以下ファースト)は,京セラが保有している太陽電池モジュール用の封止材料に関する特許技術を,ファーストのみにライセンス供与すること,および,新規封止材料の共同開発を行なうことで基本合意した(ニュースリリース)。

通常,太陽電池モジュールは紫外線や湿度,熱などのストレス下において,エチレン酢酸ビニル共重合体(EVA)からなる封止材料内に酸が発生し,その酸により太陽電池セルの電極が劣化することで太陽電池モジュール自体が劣化してしまうという課題がある。この課題に対し,今回の特許技術は,EVA内の酸の発生を抑制し,太陽電池モジュールの劣化を低減させることができる。

ファーストは,2003年から太陽光関連事業に参入し,太陽電池モジュール向けを中心に封止材料の研究開発や製造などを進めてきた。2019年,太陽電池モジュール用の封止材料において世界のトップメーカーであり,世界市場のシェアは50%を占めるという。

2018年より,両社は,ファーストが京セラの太陽電池モジュール用「封止材料」を受託製造することを通じて,協力体制を構築するとともに製造技術を蓄積してきた。

両社は廃棄物の総量を減らすため,さらなる技術開発が急務と考えており,今回,京セラは長期信頼性に関する特許技術をファーストにライセンス供与すること,ならびに,この技術をベースに両社でさらなる長期信頼性向上に関する共同開発を実施することについて基本合意したとしている。

その他関連ニュース

  • 原研ら,次世代太陽電池材料を高効率化・長寿命化 2021年04月01日
  • NPACら,太陽電池向け加飾フィルムを開発 2021年03月31日
  • エドモンドと独UFI,パートナーシップを締結 2021年03月11日
  • 東北大,pnホモ接合の硫化スズ太陽電池を検証 2021年03月10日
  • 阪大,高分子太陽電池材料を探る人工知能を開発 2021年03月05日
  • 2020年度第3四半期太陽電池出荷量,前年比88%に 2021年03月03日
  • 電通大,中間バンド太陽電池の2段階光吸収に成功 2021年03月03日
  • 2024年エネルギー分野のフィルム市場,983億円に 2021年03月02日