フリアー,ソニーセンサーの産業用カメラを発売


フリアーシステムズは,可視光カメラモジュール「Blackfly S」の販売を開始した(会社HP)。

24.5メガピクセル,12フレーム/秒のソニー「Pregius S IMX540」センサーをUSB3カメラに融合した初めての機種。「Blackfly S」の機能とセンサーの高画素数および高速イメージングとのコンビネーションにより,生物医学から半導体産業まで幅広い分野のエンジニアや研究者が,より短時間により少ないカメラで,より多くの検査を行なうことが可能になるとしている。

このセンサーは,新しい裏面照射型構造(BSI)により画素サイズ2.74μmを実現。初期シリーズの約2倍の画素密度が可能となり,より低コストで小型なレンズが使用できるという利点も併せ持っている。これにより24メガピクセル,12フレーム/秒の歪みのない高速撮影が可能になり,詳細な検査を行なう生産ラインでもスピードアップが図れるという。

また,量子効率が高く読み出しノイズが低いことから露光時間が短縮されるため,強力な照明を必要とせず,照明コストの削減に繋がるとしている。

その他関連ニュース

  • Teledyne FLIR,5GigEカメラファミリーを発表 2022年09月29日
  • 独Basler,5GigEソリューションを発表 2022年09月01日
  • ティー・イー・エム,産業用カメラを発売 2022年08月16日
  • フォトロン,4K対応ハイスピードカメラを発売 2022年08月04日
  • 東芝,高速ラインのリアルタイム外観検査技術開発 2022年08月03日
  • エドモンド,アサーマルレンズを発売 2022年08月02日
  • ニコン,DX向カメラでマシンビジョン市場に参入 2022年07月11日
  • IDS,13MP AF搭載カメラを発売 2022年07月04日