NSG,抗ウイルスガラス開発で英の助成金獲得

日本板硝子(NSG)は,同社グループ研究開発部門の抗ウイルスガラス開発プロジェクトが,英国のイノベーション産業助成機関「イノベート UK」主催の「新型コロナウイルス感染症緊急対応イノベーション基金」の公募に参加し,助成金を獲得したことを発表した(ニュースリリース)。

現在進行中の抗ウイルスガラス開発プロジェクトは,同社グループで開発した特殊なコーティングにより,ガラス表面に付着したウイルス量を低減させる製品の開発を行なっている。特に抗ウイルス機能として新型コロナウイルスに関する評価試験を進めている。

同社によると,現時点では,このような特性を持つ抗ウイルスコーティングガラス製品はなく,抗ウイルスの評価試験が成功し,現在開発中の製品が完成すれば,建物,公共交通機関,接触する物体の表面やバリアなど,高耐久で抗ウイルス機能を持つ製品をすぐに使用できるようになるとしている。

なおイノベートUK とは,英国政府のイノベーション産業助成機関で,イノベーション推進機関「UK リサーチ・イノベーション(UKRI)」の部門の一つ。イノベートUKでは,現在,COVID-19に関する研究助成を行なっている。 Get funding for ideas that address COVID-19

その他関連ニュース

  • 北大ら,蛍光偏光度から新型コロナの抗体検出 2021年06月17日
  • 日本アビオ,スクリーニング用赤外線カメラ発売 2021年06月15日
  • NEC,非接触のアプリケーション操作を実現 2021年06月09日
  • 阪大,微細加工で超小型波長変換デバイスを実現 2021年06月07日
  • 東大,光触媒で空気中コロナの不活化を実証 2021年05月21日
  • 富山大,プラズモンによる殺菌方法を提案・検証 2021年05月20日
  • 東大ら,ガラスのドミノ倒し的結晶化を解明 2021年05月10日
  • 紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に
    紫外線照射殺菌/ウイルス不活化の最適なプロセスをシミュレーションで予測可能に 2021年05月10日