アストロデザインら,8K搭載の計測車両開発

朝日航洋とアストロデザインは,道路・鉄道・空港などの各インフラ分野におけるメンテナンス性能の高度化と効率化のため, 8K映像技術を搭載した新型計測車両「GT 8K」を共同開発した(ニュースリリース)。

「GT 8K」 は,朝日航洋が長年培ってきた移動計測車両(MMS)による計測技術とアストロデザインが得意とする超高精細の8K映像技術を融合させた世界で初めてのMMSになる。新型計測車両「GT 8K」によるサービスは7月頃の開始を予定している。

採用製品は以下の通り。
・8K 120Hz ポータブル カメラ AB-4815
・Tamazone Workstation AW-8800

その他関連ニュース

  • アストロデザイン,色域評価システムを発売 2022年05月24日
  • オフィール,ビーム分析システムを発表 2022年05月17日
  • 電通大,光コムで高精度な瞬時3次元計測に成功 2022年03月31日
  • OKI,電源不要の高感度インフラ監視カメラを発売 2022年03月18日
  • SMJら,構造色を8Kの3DCGで表現する手法を開発 2022年03月14日
  • 芝工大ら,非破壊コンクリ遠隔打音検査手法を開発 2022年02月22日
  • リコーと宮崎県,インフラ点検の実証実験を開始 2022年02月21日
  • 2030年TV世界市場,43.4%増の24兆9,700億円 2022年01月25日