オプトサイエンス,ハンディ型LED測定器発売

オプトサイエンスは,独Gigahertz-Optikのハンディ型LED測定器「BTS256-LED」の販売を開始した(製品ページ)。

この製品は小型の分光放射計で,本体に直径50mmの積分球が内蔵され,LEDの光束・スペクトル・色・演色評価指数を数秒以内で簡単に測定できる。対象がオンボード状態のLEDでも円錐状のポートを経由して測定できるので,熱影響も含めた測定が可能になるとしている。

入荷したLEDの検査,LEDを製品に組込む現場での品質管理,またLEDを採用する製品の開発設計等の用途を想定しているという。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • G-Smattら,可視光LEDによるコロナ不活化を確認 2021年06月23日
  • ナイトライド,マイクロUV-LEDの微細化に成功 2021年05月11日
  • パナの星空に優しい照明,岡山県県道に設置 2021年05月10日