オプトサイエンス,ハンディ型LED測定器発売

オプトサイエンスは,独Gigahertz-Optikのハンディ型LED測定器「BTS256-LED」の販売を開始した(製品ページ)。

この製品は小型の分光放射計で,本体に直径50mmの積分球が内蔵され,LEDの光束・スペクトル・色・演色評価指数を数秒以内で簡単に測定できる。対象がオンボード状態のLEDでも円錐状のポートを経由して測定できるので,熱影響も含めた測定が可能になるとしている。

入荷したLEDの検査,LEDを製品に組込む現場での品質管理,またLEDを採用する製品の開発設計等の用途を想定しているという。

その他関連ニュース

  • ローム,微発光用途向けLEDを開発 2022年09月15日
  • 2030年MicroLED市場,1兆1200億円に 2022年09月08日
  • 横河,近赤~中赤向け光スペアナを発売 2022年07月28日
  • 理研ら,市販LED照明をX線放射施設で使用可能に 2022年07月04日
  • 名工大,鱗で最高発光効率のカーボンナノオニオン 2022年05月25日
  • サンケン電気,超高演色LEDデバイスを発売 2022年04月25日
  • 豊技大ら,脳に貼れるマイクロLEDアレーを開発 2022年03月22日
  • 広島大,もみ殻からシリコン量子ドットLEDを作製 2022年02月10日