Basler,CoaXPress2.0対応カメラの量産開始

独Baslerは,CoaXPress 2.0対応カメラシリーズ「boost」と「boostパッケージ」の量産を開始した(ニュースリリース)。

このカメラシリーズは,ソニー製CMOSセンサーとCoaXPress 2.0(CXP-12)を採用し,その両方のメリットを有している。そのうち,「IMX253センサー搭載モデル(12MP・68f/s)」と「IMX255センサー搭載モデル(9MP・93f/s)」は高い解像度とフレームレートを備えており,CXP-12が誇る最大12.5Gb/sの転送速度と組み合わせれば,包装,プリント基板(PCB),ガラスびん,製品表面などの自動光学検査だけでなく,医療分野の各種検査でも威力を発揮するとしている。

また,「boostパッケージ」に含まれるカメラとインターフェースカードは,共通のSDKとして同社の「pylon Camera Software Suite」を使用できるなど,セットアップや運用も簡単だという。さらに,別途I/Oケーブルを用意しなくても,ケーブル1本で電源供給とデータ転送を同時に行なうPower-over-CXP(PoCXP)に対応し,最大ケーブル長も40mあるため,システム構造のムダや全体コストの削減にもつながるとしている。

その他関連ニュース

  • Basler,CXP-12対応製品を拡充 2021年09月21日
  • FLIR,16MP GigEカメラを発売 2021年09月13日
  • 三次元画像処理システム市場,2025年は3914億円 2021年08月31日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • オンセミ,低消費電力1600万画素センサーを発売 2021年07月28日
  • IDS,新センサー搭載の産業用カメラを発売 2021年07月06日
  • タムロン,産業用単焦点レンズを発売 2021年06月28日
  • ウシオ,金型監視装置を発売 2021年06月21日