エドモンド,パルスレーザー用銀コーティング開始

エドモンド・オプティクス・ジャパンは,超短パルスレーザーアプリケーションに理想的な「超短パルスレーザー用反射強化銀コーティング」の提供を開始した(ニュースリリース)。

入射角0°において平均反射率>99%(@600-1000nm),もしくは入射角45°においてRs>99%(@540-1000nm)またはRp>98.5%(730-870nm)の低~中パワーの超短パルスレーザーに適しているという。

また,このコーティングの群遅延分散(GDD)は,入射角0°において0±20fs2(@600-1050nm)であり,超短パルスレーザーパルスの色収差や時間的分散に起因する伝播時間差の最小化に特にメリットがあるとしている。

このコーティングの典型レーザー誘起損傷閾値(LIDT)は以下の通り。
・0.3J/cm2,100Hz,48fsFWHM,800nm,S-Pol,1pulse
・0.16J/cm2,100Hz,48fsFWHM,800nm,S-Pol,1000pulses

このコーティングは,チタンサファイヤ(Ti:sapphir)超短パルスレーザー向けにデザインされているが,イッテルビウムドープレーザーなど,他の超短パルスレーザー用に設計波長をカスタマイズすることも可能。この特注対応力に加え,多数の異なる基板材料に利用できるという柔軟性によって,厳しい要求にも応える多くのオプションを提案することができるという。

同社は,このコーティングを蒸着した平面ミラー,凹面ミラー,反射型ビームエキスパンダーを標準在庫品としてラインナップしている。

その他関連ニュース

  • 東工大,機械学習で高分子コーティング膜効率設計 2022年08月22日
  • QSTら,超高強度レーザーの光ノイズを1/100に抑制 2022年08月17日
  • 産総研,長時間防曇・高速自己修復透明皮膜を開発 2022年08月08日
  • QSTら,高強度レーザーでの表面変化をピコ秒計測 2022年07月15日
  • セブンシックス,ピコ秒レーザーモジュールを発売 2022年06月24日
  • 理研,世界最高出力のアト秒レーザーを開発 2022年03月24日
  • 電通大ら,2µm帯固体レーザーで41fsパルス発生 2021年12月06日
  • 千葉大ら,光伝播のスロー動画を55万倍高速計算 2021年11月25日